緑樹山荘(古くは青木小屋)



 高湯温泉から追分をへて、家形ヒュッテに向かう途中、ヒュッテ のすぐ手前の樹林帯のなかに、右に緑樹山荘へ向かう分岐があった。 いまは、どうだろう。
緑樹山荘は、昭和前期から存在した青木小屋を、東海大学が譲り受 けて、1962年10月、再建・開設された。青木小屋は、板倉勝 宣、槙有恒、深田久弥ら、往年の登山家らが訪問している。

◆緑樹山荘の開設の状況

東海大学学生会緑樹山荘管理運営委員会のページから
http://twv.eheart.jp/Ryokujyu/Ryokujyu.htm

「緑樹山荘は福島県と山形県にまたがる「磐梯朝日国立公園」内の表 吾妻山群の北にあります。昭和37年に旧青木小屋を東海大学が大学 の山小屋として譲り受け再建されました。以来、学生による自治という 理念の元、東海大学学生会緑樹山荘管理運営委員会が山荘の維持、管 理を行っています。」

HPの記述から開設への経緯をまとめると、
1960年11月、同大ワンゲル部のスキー合宿調査の折、五色温泉 宗川旅館主人より青木小屋(緑樹山荘)の話がだされ、61年1月、槇 有恒氏の賛同を得て、62年に、山小屋建設準備委員会が発足。実行 委員会に発展。
 学生会、大学関係者、ワンゲルOBらの支援をうけて、大工仕事が すすめられ、1962年10月13日落成式。学生部長により「緑樹 山荘」と命名された。

◆現況

同山荘の管理運営委員会のHPによると、山荘は2003年現在も健在で 運用されている様子。写真もある。一般には開放されていない模様。

◆この小屋にかかわる、山の文庫

深田久弥  「五色から沼尻まで」 1939年1月6日 http://www.bekkoame.ne.jp/~kakurai/kenji/bunjin/19390106.htm 五色温泉→青木小屋→慶応吾妻山荘→家形ヒュッテ→五色沼→一切経山の 肩→浄土平→吾妻小舎へ。



この山小屋についての情報・思い出をお寄せください。
山の便りBBS 交流と情報交換の掲示板
思い出の山小屋 表紙へ
情報・思い出・リンクのご連絡のメールは、 こちらへ




東京都あきる野市  野原森夫



「山の便り、大地の恵み」
http://trace.kinokoyama.net/