梅花皮(カイラギ)小屋



 私、野原が参加している「山の展望と地図のフォーラム」(FYAMAP)の交流会議室 で、同メンバーの町田尚夫さんと、WARABIさんとから、1970年代、80年代、90年代 の梅花皮小屋のたいへん貴重な写真の、紹介がありました。
 お二人のご好意により、往時の梅花皮小屋の様子を伝える写真を、ここに紹介させて いただきます。
 町田尚夫さん、WARABIさんに、心から感謝申し上げます。



1979年7月、WARABIさんが飯豊縦走の際に、北股岳を背景
にして撮影。野原もこの小屋に、1971年、74年にお世話になった。
無人の避難小屋で、木造・平屋建て。小屋の写真の右側のでっぱりはトイレになっていた。
1971年時点で、すでにこの小屋は老朽化が始まっていたため、
この初代?梅花皮小屋は1960年代 の建設と思われる。
写真左手、斜め手前に緩やかに下る踏み跡は、水場への道 


 


1980年7月、WARABIさん撮影。北股岳から十文字鞍部への下降の途中から。
梅花皮小屋は、新たに建て替えられ、2階建てとなり、床面積も大きくなった。




1990年8月、町田尚夫氏撮影。
同じく、北股岳から十文字鞍部への下降の途中から。
前方はカイラギ岳、右手後方に烏帽子岳。
町田氏撮影の飯豊の花の写真もセットで紹介します


 


同じく1990年8月、町田尚夫氏撮影。
1980年に建て替えられた梅花皮小屋と、外観はよく似ているが、
WARABIさんの写真とくらべると、手前側(北股岳側)の壁の右上の窓がなくなっている。
建て替えられたか、あるいは壁の改修がなされたためと推測される 




 

 私(野原)は、この小屋には、2度、お世話になった。
1度目は1971年に石コロビ沢雪渓から梅花皮小屋に登り、御西岳への縦走 の前に休憩した。源頭の急登でへとへとになり、十文字鞍部に建つこの小屋の 前にへたりこんだ。ふと鞍部の下方(新潟県側)を見ると50メートルほど 下ったところに水場がある。荷物を肩から下ろし、歩いていくと、山腹から勢 いよく湧き水が噴き出していた。カイラギ岳側の雪解け水だったろうか。冷た い水に生き返ったような思いがした。

 2度目は、1974年の夏。湯ノ島小屋から大日岳、御西岳と経由して、梅花 皮小屋に着いたところで土砂降りとなり、小屋の軒下で雨宿りした。小屋は小 さく、20人弱が休んでいて満員だった。
 小降りに変わったところで小屋を風よけにして、石コロビ沢側に小さなテント を張って、泊った。
 翌朝、霧が晴れだして、眼下の大雪渓と北股岳が姿を現した。吸い込まれるよ うな急傾斜のすぐ脇に、小さなテントで泊っていたのだと、思い知らされた。

 十文字鞍部は風の通り道だ。平屋建てで、木が灰色に風化し、床も傷んでいた 梅花皮小屋は、その後、1ないし2回建て替えられて、いまはしっかりしたト イレを併設した立派な小屋になっている模様だ。




 1977年当時のカイラギ小屋の写真を、栃木県の早瀬洋さんが、ブログに 掲載しています。
こちらを、ごらんください。

 早瀬さん、貴重な写真のご紹介、ありがとうございます。
 今回は、早瀬さんから2006年8月にお知らせをいただきました。
 懐かしい記憶のままの、往時のカイラギ小屋です。
 北股岳の岩場や残雪の模様も克明にとらえられています。カイラギ小屋 は、良い場所に立地していますね。

 


 



 

◆70年代のガイドブックから
 カイラギ岳の頂上を通り、ほどなく十文字鞍部へと下る。ここは石コロビ沢 を登る道と、洗濯平を経て湯ノ平温泉を結ぶ赤谷口の道が縦走路と交差するの でこの名がついた。ここ十文字鞍部にはカイラギ小屋がある。
(「アルパインガイド 東北の山」 山と渓谷社 1974年版から)

◆藤島玄「二王子岳より飯豊本山」(1932年)から
(「忘れえぬ山 T」所収 旺文社文庫 1978年11月刊、元本は1959年刊)
 荒涼たるまだ春にはほど遠い北股岳の頂上。半ばも吸わぬうちにバットの火 は消えた。陳竹の密生する東斜面を後ろ向きに走り下って鞍部に出た時は、全 身は絞るように濡れていた。獰猛な偃(はい)松と強靭な陳竹の烏帽子の登り は、空腹と寒気の身体には困憊をきわめた。藪こぎ技術の自信と経験には人後 に落ちぬ三人は、ただ黙々と跋扈のかぎりを尽す藪を順序良くさばいて行く。 鮮緑の偃松の中に紅山桜の花が美しく咲いていた。……御手洗池の氷を破って 水を汲み、ミルクをすすって飢をしのぐ。
 (※この時期、門内小屋、梅花皮小屋、御西小屋など稜線の小屋はまだな い。登拝路として山都側や山形側が開ける一方で、新潟県側は1ルートしかな い赤谷口が廃道化し、稜線も6月の残雪期を利用し、雪田の上部(雪堤)をた どり、ときに藪をこいで進むしかなかった。藤島氏らは二王子岳から本山をめ ざす、ルートを開くべく長大な前山越えをして主稜に到達している。)

◆野原森夫のサイトから
○飯豊連峰縦走 石コロビ沢雪渓から飯豊本山
(1971年7月31日〜8月2日)
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/touhoku/iide71.8.htm
 北股岳と梅花皮(カイラギ)岳の鞍部をめざして進み、ついに雪渓が両側に 分岐するところに着く。ここでもひたすら鞍部をめざすルートをとり、雪渓の 中に取り残されたようになっている「中ノ島」をめざして登る。いよいよ雪渓 の末端に出て、再び土の上の登りだ。

 中の島の登山道は、花でおおわれている。それはいいけれど、すごくきつい 登りで、この場所を両側からはさみこむ雪渓も、源頭だけにすごい傾斜だ。稜 線は霧に包まれていて、登っていくうちに視界が閉ざされた。鞍部のカイラギ 小屋までどのくらいあるのか、見当がつかない。すっかりバテて、途中の小沢 で大休止、昼食にする。霧はますます濃くなってくるようだ。北股岳東面のす ばらしい岩壁が隠れてしまった。

 40分ものびてから、再び登る。ようやく鞍部のすぐ下まで登ってきたが、 ここにはテントが5張りほど張れる幕営地があって、残雪のそばでなかなかい いところ(実は小屋側からの落石が危険)。どこかの会社の山岳部が大勢で昼 食の最中だった。ガスで見えないが、上の鞍部にはかなり人がいるらしい。声 がひっきりなしに聞こえてくる。雪渓もすっかりガスの中に隠れてしまった。

 テント場から4時間20分、出合いからは正味3時間半かかって、鞍部の カイラギ小屋に着く。小屋の近くでは、テントが10張り近く立っていて、 大きなパーティーも幕営中だった。木造の小屋は10人入れればいい方とい うくらいの小ささで、それに汚くて臭う。10分ほど休んだだけで出発。 (10時20分)

 梅花皮岳へのジグザグの登り。稜線上に出たためか急に風向きが変わっ て、新潟県側から強く吹きつけてくる風が、山形県側には濃い霧をつくって いる。新潟県側は見通しがよく、谷はやはり鋭く落ち込み、雪渓を幾状も吸 い込んでいる。振り返ると、北股岳(2025メートル)は連峰で一番の鋭 峰というだけあって、毅然とそびえていて、なかなかいい。

◆野原森夫のサイトから(その2)
飯豊連峰縦走 大日岳から 門内岳(1974年8月3日〜7日)
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/touhoku/iide1974.8.htm
 お昼近くに、御西小屋を発つ(11時35分)。稜線は、雨がほとんどあ がって、ガスがまいているだけだった。調に飛ばし、途中からは霧で濡れる ものを最小限にするために、アミシャツ一枚で行動する。

 烏帽子岳、カイラギ岳を越して、カイラギ小屋につくと(14時10分)、 小さな避難小屋は満員だった。しかたなく門内小屋へと向かおうとしたら、 突然、ザーッと激しい雨が降り出した。これは大変と、カマボコ型ツェルト を設営しようと広げ始めたら、土砂降りとなって、どうしようもなくなる。 小屋の軒下に退散して、水煙を巻き上げて降る雨を二人で茫然と見守る。 ぐっしょり濡れた体が気持ち悪い。

 雨はしばらくで小降りに変わった。ツェルトを張り、フライシートがわり にポンチョでおおって、安住の空間をつくった。中で、今日も快調のホェーブス ・コンロをたき、着替えにかかる。暖かくて、濡れたものもどんどん乾かすこ とができた。

 夕方、天気図をつくり、低気圧と前線の影響がいぜん残るため、杁差岳まで の縦走はあきらめることにする。

 6日。今日は北股岳(2023メートル)から門内岳(1880メートル) へと縦走し、適当な尾根を下降する。天気が不安定らしいので、下降ルートと 目した梶川尾根の分岐までは、急ごうと思う。

 ツェルトの脇1・5メートルほどのところから下は、石コロビ沢源頭の灌木 と草付の斜面となっている。ツェルトをたたみかけたところで、稜線の東側の ガスが晴れ、石コロビ沢の源頭部が姿を現した。両岸の岩の壁、ころがり落ち るような雪の斜面が、目に入る。真下に落ち込むような高度感。大雪渓の上端 部分は源頭部で、大きく三方へひろがっている。その雪渓をとり囲む灰色の岩 壁。北アルプスの剣沢雪渓、針ノ木沢雪渓、白馬岳の大雪渓―――日本三大雪 渓とよばれるこの3つの雪渓に、長さ(3キロメートル)でも、高度差 (1000メートル)でも、一歩も引けをとらぬ、石コロビ沢の大雪渓。その 雪の斜面は、屈曲して下部のガスの中へ消えていた。「東北アルプス」の名が 似つかわしい飯豊の姿がそこにあった。

 ヤッケを身につけ、ポンチョもすぐとりだせるようにショイコにとりつけ て、出発する。最初は、飯豊連峰屈指の鋭峰・北股岳の登り。ガスがまた出て きた。風も強い。頂上を越えて、下りの崩壊した箇所は、吾妻君と手をつない ですすんだ。

 なだらかなピークをいくつか越して、これまたゆったりした山容の門内岳を すぎると、船型(二重山稜)地形のようなくぼ地にテント場があり、3パー ティーがテントを張ったまま雨宿りで沈澱していた。(門内池)

 3年前、石コロビ沢雪渓を登りながら、源頭部の雪田が扇を広げたように、優 美な姿を見せている「扇の地紙」に、なんていい名前だと感心させられた。その 扇の地紙は、稜線を歩いてみるとただのっぺりしているだけの草原で、下から 見たときの印象とは、まるで別ものだった。道がぬかるむようになると、おな じくのっぺりとした、梶川尾根の草原となる(11時30分すぎ)。分岐で は、飯豊の北の峻峰・杁差岳への思いが残って、一瞬、足を止めたが、「いつ か、もっといい天気のときに」と心をきめて、梶川尾根の下降に入った。


◆梅花皮小屋の現況
○梅花皮小屋には、夏のシーズンには管理人が入っている模様。
○飯豊朝日山岳遭難対策委員会が、飯豊連峰地域についても、登山道の情報・ 保守活動をして、情報をサイトに掲載している。
www.ic-net.or.jp/home/iide/
梅花皮小屋については、下記参照。
飯豊朝日山岳遭難対策委員会山岳救助隊
登山者情報759号
【2003年10月11〜13日/石転ビ沢/高橋弘之調査】
http://www.iideasahi.jp/759.htm



この山小屋についての情報・思い出をお寄せください。
山の便りBBS 交流と情報交換の掲示板
思い出の山小屋 表紙へ
情報・思い出・リンクのご連絡のメールは、 こちらへ




東京都あきる野市  野原森夫



「山の便り、大地の恵み」
http://trace.kinokoyama.net/