春のスキー散策  峠駅から 滑川へ

1980年3月27日   単独

 研究発表を終えたあとも、最後に残った単位の修得の ための試験が続いた。ついで教室に缶詰になって製図の作成をつづけているうちに、3月も下旬になっ てしまった。ようやく全単位を得、卒業を決めて、福島へ帰る日(198 0年3月24日)、札幌駅にはF君(工学部)とO君(医 学部)の2人が見送りにきて、重いダンボール箱一個を「お土産」に手渡 してくれた。中を見て、笑ってしまった。サッポロ・リカー、男山、国士 無双、サッポロ・ビールの大瓶など、北海道産のアルコール類がぎっしり 詰まっている。酒に強かったF君の発案か。「北海道の酒の味を忘れな いで」という気持ちをこめたものらしい。

 急行列車が走り出すと、まだところどころ雪が残る街並みが車窓を流れ て行く。札幌の街、北大の校舎もしばらく見納めである。私は、秀岳荘の アタック・ザックに、手には山スキーをかかえるという帰りじたくだった。 北大入学のときも、キスリング姿だったが、津軽海峡を渡り返す この日も、似たような格好になってしまった。

  ◇    ◇    ◇

 福島に帰ると、さっそく、スキーをもって吾妻山に入った。4月半ばに 上京して仕事がスタートするまでの間、休みはもうわずかしか残っていな い。行き先は、通い慣れた峠駅(奥羽本線)から滑川温泉へのコースを選 んだ。林道の滑降がけっこう楽しめるコースだし、いつも通りすぎるだけ だったので、一度はあの温泉の湯にもつかってみたい。

 この冬は雪が多く、峠駅からの車道は最初から、スキーが深く沈んだ。 風が強く、雪面から粉雪が舞い上がる。崖の切り通しになっている場所で は、雪崩れた雪が厚くたまって道が完全に消えていて、滑落と崩落に注意 して通過する。

冬期に何度か通った道だけれど、これほど積雪が多いのは 初めてだった。

 滑川温泉への道を分けて、姥湯方面への道に入ると、1.5〜2メートルほど の積雪になり、ラッセル気味の登りになった。シール登高のピッチが落ち る。「下りは楽だろうなぁ」「気持ちいいだろうな」。そんな誘惑とたたか いつつ、高倉新道の分岐点まできた。ぐっときびしくなる登りに挑んで、 霧ノ平までいくか、冬の姥湯温泉と三階滝の断崖を眺めにいくか、それと もここから引き返して滑川の湯にゆっくりつかるか、と思案すれば、答え はきまっている。シールをはずし、スキーの先端を下に向けると、体は一 気に加速していった。

 ボーゲンしかできないから、スキーをやや開き加減にして減速をかけ、 ビューッと滑降する。雪質がすばらしく、春山でないみたいだ。あっとい う間に、滑川温泉に着く。

 温泉の宿は、一人の客もなく(峠駅から人がきた足跡は他にはなかった)、 ひっそりしていた。沢沿いの見晴らしのいい湯に入りたかったけれど、こ の時期は宿の内部に古くからある内湯にしか入れないとのこと。湯船は4 メートル×2メートルほどで小さくはなかったけれど、薄暗い場所で、眺めも何もなく、 がっかりした。裸になって飛び込んだら、湯は「ええっ?」と声を上げる ほどぬるい。おまけに、頭の上からは、湯気抜きの天窓から粉雪が舞い落 ちてくる。いつまで入っていても体は温まりそうもないが、こういう湯も た一興と、体の力を抜いて目を閉じた。湯から上がってみると、まったく 寒くなくて、けっこう温まっていたのにも驚かされた。

 滑川から萱峠にゆるく登ると、峠駅までの2キロメートル余の滑降になる。こん どは、いつ来れるかと考えると、大事に大事に滑りたい、峠駅への下りだ った。






山の便り、大地の恵み (野原森夫)
http://trace.kinokoyama.net  
東北の山 Index へ    HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000