富士山真っ白、タラの芽いっぱい

2000年4月25日




 今日(4月25日)、道志の稜線近辺へ、タラの芽採りに行って きました。

 すばらしい晴天で、稜線近くまで上がると、富士山が大きく、 真っ白い姿でそびえていました。毎年、同じ位置から、この時期の 富士山を眺めてきました。でも、今度ほど雪がいっぱいついた富士 山は、あっただろうか、と思いました。斜面は日の光を反射して、 てかてかに光っていました。

 丹沢は、蛭ヶ岳と檜洞丸の北側の斜面に、少し残雪が残っていま した。道志川の両岸の山肌は、春まっさかりに彩られていて、若芽 を吹き始めた樹木の淡い緑なかに、桜の花が、あでやかでした。

 さてタラの芽です。
 道志の稜線に上がる途中、ヒノキの林の際で、ちょっと開き過ぎ たかな、という感じのタラの芽がありました。標高800メートル ほどのこの山腹で、30個ほど。そして稜線近くまであがって、昨 年、見つけた標高1200メートルほどの穴場では、踏み跡から外 れて山腹をトラバースし、樹林の中の陽だまりのような場所で大き く育った立派なタラの木の群生を見つけました。
 ここで、80個ほどを収穫。

 第2の目的地は、もう8年ほども通っていて、タラの木が大木化 し、枯れ始めている場所。標高800メートルほどの一帯です。こ こも道を外れて40分ほどもトラバースしました。現場は、タラの 木からより背丈のある樹木への更新がいっそうすすんでいて、去年 あったタラの木も枯れてしまっています。なんとか25個ほどを採 ることができました。
 途中のアプローチでは、昨年あったシイタケの倒木が、斜面で落 下しかかって少しだけ残っており、5つ、いいシイタケが採れまし た。

 

 夕ご飯には、今季2度目のタラの芽ご飯をつくり、コゴミとウド の中華風サラダや、ウドと豆腐の味噌汁などとともに、いただきま した。 タラの芽ご飯は、ご飯だけを先に炊き上げ、素焼きのタラ の芽をざっくり切って、塩をまぶして混ぜ合わせます。今回は、ご 飯を炊くときに、昆布とお酒を入れてみました。タラとよく合い、 初めて食べる人に「ご飯だけでもけっこういける。タラの芽ってい う味がするね」と好評でした。

 青空のもと、富士山のすばらしい眺めと、春の色に染まった山々 の眺めが、印象深い一日でした。


山菜・野草 表紙へ
HomePage TOP へ


http://trace.kinokoyama.net  
野原 森夫
記事、写真の無断転載を禁じます
Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000