栗林のコシアブラ

2003年4月


 私の知り合いが管理する山林が、去 年、刈り払いされ、タラの木やコシアブラが たくさん切られてしまいました。

 そのとき、カットされてしまったものの切れ端と、小さすぎ て刈り払いを逃れた幼木のコシアブラを1本、持ち 帰って、私が管理している近所の栗林に移植 しました。
 幼木は、背丈45センチ、太さ4,5ミリ程度。植えつけてすぐ、新芽は枯れました。
 2002年5月のことです。



2003年4月27日撮影


 それから1年。
 カットされたものを挿し木で試した分は、タラの芽の ようにうまく生きづかず、枯れましたが、根がついた 幼木のコシアブラだけは生きづきました。
 4月18日に、芽がほころびかけ、27日には、こん なにいい芽が伸びてきました。
 奥多摩のコシアブラも、もう芽吹くでしょう。

 伐採という不幸な運命に仲間ごと翻弄されたコシアブラの木なので、 これからどうしようかと、いろいろ思案しています。
 種をとって数を増やし、本体のこの木はもっと大きく育てて、また 八ヶ岳山麓にもどしてあげようかなと。
 都内の気候で、どこまで育つでしょうか?




 2004年春のコシアブラです。3年目を迎えました。
 去年出た新芽が、枝を15センチ伸ばし、その先に新芽が出ました。
 「幹」というには、まだ細いものの、直径8ミリほどの太さになりました。
 芽のつぼみも、去年より二まわりは大きい。



4月18日撮影

4月21日撮影

4月22日撮影

4月25日撮影。
2日、間をあけたら、
一気に伸びだしていました。
葉が開きだし、
一段と元気です。
幹の脇から芽吹きそうな、
別の芽もあります。
今年は木もよく育ちそう。




http://trace.kinokoyama.net  

山菜・野草 表紙へ
HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫