フキノトウ――寒い冬を抜けて芽吹く

2001年2月




2月14日
 今年の冬は、東京でも適当に間をおいてかなりの雪が降って、畑 の土はいまも十分に湿っています。1月の2度目の大雪のときは、畑のそ ばの車道に、除雪車まで登場しました。キャベツもブロッコリも雪 の下に隠れるほど、積雪がありました。
 今は、いったん雪は消えています。
 例年だと、桑の木の下でフキノトウが、そろそろ顔を出し始める 時期です。が、今年は、その気配さえ、まだありません。1月は平 均気温が東京で1度、平年よりも低かったという話です。でも、私 のところでは、もっと寒い冬が続いてきたようです。
 今日も、朝は雪が舞い、いままた夜の道に雪が落ちてきていま す。
 3月がもうすぐなのに、これで、今季の畑の準備にかかることが できるのか、と思っています。

* ***************************

2月25日
 先週の水木金(2月21日〜23日)の3日間、ずいぶんと温か い陽気になりました。
 今日(25日)はまた寒さがもどったけれど、もしかしたら、そ ろそろかな?? と、また畑の様子を見に行きました。
 フキノトウが、出ていました。
 それも、いっぺんに10個ほども。一番、大きいものは、もう葉 が広がり始めかかって、花の部分がちょっぴり顔をのぞかせていま す。
 やっぱり、暖かかったんですね。

*****************************


3月3日
 霜が降り、霜柱でざくざくという畑に写真を撮りにでました。
 たくさん出ていたフキノトウは、散歩の人たちにでも摘まれたのか、 見つかりません。でも、枯草をどけると、一個、また一個と見つかりま した。
 毎年フキノトウが出るこの場所は、桑の木の下で、去年、チガヤや他 のしぶとい雑草の根絶作戦をおこなったところです。今年、フキノトウの 大きさがちょっと成長したのは、この雑草刈りのおかげでしょうか。
 フキノトウが踏まれないように、グラスファイバーの細いフレームで柵 を作りました。その作業をしていたら、畑の脇の道ばたの境目に、大き めのフキノトウがつぎつぎと見つかりました。目がなれてくると、どんど ん発見がすすみます。
 今日は出勤なので、眺めて、撮影するだけ。
 明日の日曜日は、採れたてのフキノトウの天ぷらでも作ろうかと思い ます。
 一日ごとに、気温の差が大きくなり、また雨も日をおいて降る季節に なってきました。





山菜・野草 表紙へ
HomePage TOP へ


http://trace.kinokoyama.net  
野原 森夫
記事、写真の無断転載を禁じます
Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000