冬越しのアサツキの若い葉

2001年3月3日




アサツキ。
写真の白く見えるものが、晩秋から冬に枯れた前年の葉。


 霜が下りた朝、畑の脇にある栗林の地面で、アサツキの葉が伸び 出しているのを見つけました。この株は、2年ほどまえに見つけた ものです。いまではとびとびの場所にしっかり繁 殖してふえています。
 ノビルも、となり合わせて、ずいぶん広がっていて、ウドも芽吹きの 時期を待っています。栗林の中は、けっこう野草と山菜が多いのです。
 ノビルは、秋遅く新芽が出て、冬を越し、春の葉が育ちます。夏は枯 れる季節。
 でも近縁のはずのアサツキは、晩秋から冬には、葉が薄黄色に脱 色され、枯れてしまいます。芽が目立ってくるのは、早春になってか ら。でも、新芽じたいは、葉が枯れたと見える晩秋のころから、生え 出しているのでしょうか。
 いっぱいふえたアサツキなので、今年は気兼ねなくたくさん摘めそ うです。





山菜・野草 表紙へ
HomePage TOP へ


http://trace.kinokoyama.net  
野原 森夫
記事、写真の無断転載を禁じます
Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000