高山病――FYAMAP会議室へ短信

 Kさん、初めまして。野原森夫です。実は、私も高山病で何度も たいへんな目にあってきたので、身につまされて読ませていただきまし た。

 私が初めて高山病症状に襲われたのは、1989年に北岳に登ったと き(35歳)でした。広河原から八本歯コルまでは、なんともなくて、 3000メートルラインのトラバース道に入って、いよいよ北岳山荘が 眼の下という下りに入ったところで、頭痛、脱力感に見まわれて動けな くなりました。ようやく小屋についても玄関先で動けず、「顔が緑青色 だった」と言われたほど。同行メンバーも「このまま回復しなかったら 下ろさないと」と相談したとのことでした。3時間横になってひと眠り したら、完全に回復して、夕食を人一倍食べることができました。
 私の山登りは北日本偏重で、高い山はそれまでわずかの体験しかあり ませんでした。それまでも、北アや南アの3000メートル弱の峰に 2,3回は立ってはいたのですが、軽い頭痛を体験した程度で、高山病 とは意識したことがなく、たいへんショックでした。北岳や富士山に もっと早く登っていれば、自分の体質にも早く気づいたのかもしれませ ん。

 それ以来、高山病との付き合いが始まりました。最近では、93年 に、蓮華温泉からの朝日岳(北ア)の登り(2100メートル地点!) で動けなくなり、なんとか稜線まで上がって岩陰で露営しました(入山 2日め)。95年には、黒部五郎岳の山頂下で(2800メートル)や はりダウン(入山2日め)。96年には槍ヶ岳の肩の天場まできて動け なくなり子どもたちがテントを張ってくれました(入山3日め)。97 年も双六沼からの下山の最中に山行のなかで一番ひどい頭痛を味わいま した(入山4日め)。荷物はいずれもテント縦走で、重い荷物でした。

 症状、発症には、個人差があると思いますが、私の場合は、つぎのよ うです。
@最初に2500メートルラインを超える時にほぼ必ず軽い頭痛がくる が、ひどい症状は、いつ、どこで、出るか、予測がつかない。3000 メートルを超してもなんともない(昨年,立山,剣岳)こともある。
A動けなくなっても,数時間で回復し、あとは快調になることが多い。 落ち着いてから下山すると、2400〜2000メートルあたりまで 下ったところで、症状が消える。
B冬場は、低い標高(2700メートル)でも、必ずひどい症状が出 る。


 個人差があるので、参考の一つにしかなりませんが、経験的な対処 法、対策は、こうしています。

(1)3000メートル前後までの山岳ならば、休むか、それ以上、高 度を上げなければ症状はひどくならないことが経験的にわかっているの で、症状が出たら、行動を中止し、休む。また、それができる日程、余 裕がある日程を組む。(縦走でなく定着法なども採用。冬場はとくに注 意する。露営の装備を必ずもつ。)
(2)入山初日に急激に高度を上げる計画を組まない。一番高い山は、 あとにもってくる。(これもプランニングの上で相当な支障になりま す。)
(3)入山前日に睡眠をしっかりとる。(これを怠ると、発症の確率が 上がります。)
(4)体への負荷を減らす(子どもが荷を担いでくれるようになりまし た)ことと、入山前のトレーニングで、症状の程度を軽くする。荷物を 担いで登っても、体にこたえないだけの体力づくり。
(5)同行者、家族には、事前に特別に高山病になりやすいことを伝 え、行動中も変化があったら、伝える。

 軽い頭痛で行動を続けられる程度のときは、妻(看護婦)が頭痛薬を 出してくれます。これは、個人差や使う条件の判断がいりますが、楽に なれます。頭痛は最初のシグナルなので、これを軽くすることは危険な 場合短があると思います。
 急登では、一歩めでスーっと息をすべて吐き出し、二歩めでハーっと 吸う、深く吸いこむ前に全部吐き出す方式で呼吸をして、それに合わせ てゆっくり歩行すると、気のせいかもしれませんが、ペースもよく、落 ち着いて登高できるようです。
 高山病は生命にかかわります。これまでの症状が重いか、経験的に見 極められないなど、不安な場合には、山行前に医師にアドバイスを受け ることも、参考になるでしょうね。FYAMAPのHPリンクには、高山病の テーマのものもあります。私も早い機会にアドバイスを受けたいと思っ ています。信州大学医学部に実践的な研究をされている先生がいるよう で「登山時報」に参考になるアドバイスをのせておられました。

 長く書いてすみませんでした。私は、中学時代は陸上長距離の学校代 表でしたし、高校時代は野球部でした。平地を走ったら、そう劣らない 体力があります。それだけに高山病は、どうして私が、と意外で、 ショックでした。発症したときは、いつも、つらくて、くやしいです。 でも、山から帰ってくると、楽しい思い出しか残りません。
 Kさんとご家族のみなさんが、高山病とうまくつきあいながら、登 山を楽しんでいかれますように、と思っています。




       1999・4・29   



http://trace.kinokoyama.net  
南アルプス・中央アルプス・八ヶ岳 Indexへ
HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫