甲斐駒ヶ岳――花崗岩のランドマークに登る

  2002年8月21日 3人パーティー


トウヤクリンドウが咲く
花崗岩の尾根
直登コースの2800メートル付近から、
甲斐駒山頂方面

 甲斐駒は、鋭い三角錐の姿が、どこから眺めても良く目立つ 山だ。2966メートルの高度も南アルプス・赤石山脈の北端 の「ランドマーク」として、十分な資格がある。そのシルエットだ けでもとても個性的なのに、森林限界から上部は、どの方角か ら遠望しても、花崗岩の岩場が白く光って見えて、これもまた印 象的。私は道志の山から眺めたときに雪と間違えたくらいで、こ の白い岩場も甲斐駒のもう一つの目印になっている。

 この山に礼を尽くすならば、ほんとうは標高差2200メートル を超す黒戸尾根から登るべきと思う。でも今回は、スーパー林 道を使って北沢峠から、1泊2日の予定で入山した。北沢峠か らだと、標高差は約900メートル余り。長衛小屋→仙水小屋→ 仙水峠をへて、駒津峰(こまつみね)から岩の尾根筋をたどる 道(直登コース)を登って、山頂を往復した。

 写真もいっぱい撮って、時間をかけて歩こうと、登りで仙水小 屋の天場に荷物をデポして軽い荷で往復した。結果的に、ずい ぶん早くに仙水小屋に下降して、その日のうちに自宅に帰り ついた。夏時間の村営バスの運行にも助けられた。

 天気は晴れていたものの、稜線には昼前からガスが舞い、 中・低層は薄い雲が覆っていた。登りでは北岳、仙丈ケ岳が 見えたものの、南アは間ノ岳が見えたり、隠れたりという状 況。早川尾根とアサヨ峰は予想外に高度感があり、立派に見 えた。あの尾根を越えて広河原に入った時代もあったことを思った。

*************************************

東京・西多摩の自宅(3時16分発)車→中央道→甲府昭和インタ ー(4時22分)→広河原・駐車場(5時32分着、6時52分発)村営 バス→北沢峠(7時12分着)

北沢峠(7時13分発)→長衛小屋→仙水小屋(7時55分着、テン ト・ザックデポ、8時10分発)→仙水峠(8時31分着、食、同47分 発)→駒津峰(9時55分着、10時05分発)→直登コース→甲斐駒 山頂(11時16分着、同45分発)→直登コース→駒津峰(12時37 分着、同45分発)→仙水峠(13時45分)→仙水小屋(14時05分 着、デポ物資回収、同20分発)→長衛小屋(14時40分)→北沢 峠(14時52分着)

北沢峠(15時15分発、臨時バス、定時は15時30分発)→広河 原(15時35分着、16時05分発)車→(途中、夕食。中央道渋滞 あり)→東京・西多摩の自宅(19時55分着)

**********************************

 広河原の駐車場に着いたのは、午前5時半すぎだった。夏時間の村営 バスが出るのは6時50分だから、まだかなり時間がある。前夜にパッキ ングはほとんどすませて来たので、車の中でパンとお茶の朝食をゆっくり とった。
 北岳が朝日を浴びて赤く染まっている。睡眠4時間半で、ちょっと仮眠 をとる必要があったが、気合い十分の状態でさっそくバス停の列に並ん でしまった。

 6時10分ごろ、甲府駅からの直行バスが到着すると、バス乗り場には合わせて60人 ほどの登山者が列をつくる。出発する村営のマイクロ・バスは3台。大人 500円、荷物代は半額で、計750円。
 切り立った断崖に削られた道を、バスは等間隔で縦に並んで登っていく。眼下の野 呂川は80〜100メートルほど下。凄い傾斜だ。スーパー林道は、いくら 路肩を整備しても、山体そのものがずり落ちるような地帯に、延びてい る。

 7時12分、北沢峠着。
 ザックを背負ってそのまま出発する。
 峠から林道を100メートルほどひき返し、北沢長衛小屋への分岐に出 る。長衛小屋までは、野呂川の北沢に沿う車道をたどる。

 100メートルも行くと、小屋の手前の河原に天場が開けていて、テント が30張ほど幕営中。長衛小屋は校舎のような平屋立て、木造で、新し い水洗トイレが設けられていた。南アの開拓期に登山道を開き、登山者 を助けた竹沢長衛さんは、北沢峠の南側の大平山荘の竹沢信幸さんの 祖父にあたる。長衛小屋の前には長衛さんのレリーフが設けられてい た。

 ここからは沢沿いに7回、堰堤を登ったり下りたりして登って行く。沢 が狭まり、傾斜が強くなり、ロープが垂れた小さな岩場を越すと、話に聞 いていた「水力発電機」が流れのそばに据え付けられているのが見え た。
 仙水小屋は、沢の左岸の樹林の中にあり、すぐそばに行くまで建物は 見えない。天場は、小屋の裏手、上流側の林内に15張分ほどが点在し ている。今夜の幕営の手続きをし、3人分1200円をはらって、天場に ザック、テントなどをデポした。
 すでに8時をまわっている。北沢峠発の最終バスは、15時30分。コ ースタイムを少し縮めないと最終バスには間に合わない。無理もしたく ないので、1泊の用意をしてきた。これで、こころおきなく甲斐駒を満喫 できる。

 仙水小屋からはわずかの登りでガレ場に出、ゆるやかに踏み跡をた どっていくと、仙水峠に出た。この峠は意外に眺めがよかった。摩利支 天の岩の峰が目の前にある。その左上に甲斐駒の山頂が白く光って いる。ずいぶん高い。窓のように切れた峠からは、下層の雲がなけれ ば韮崎方面や奥秩父の眺望がえられるところだった。

仙水峠にて。長男と 駒津峰の登りで、甲斐駒山頂を背に

駒津峰の登りで、左、アサヨ峰。右奥、北岳(やや逆光) 同じく、仙丈ケ岳



白い花の名前は探索中 シャジンの仲間

 仙水峠からまずとりつく駒津峰へは、高度差400メートルのきつい登 りになる。ぶどうの巨峰を食べて元気をつけて、8時47分に峠を発つ。と きどき樹林が切れて、低木帯になる場所があり、そういう場所に出るた びに周囲の眺めが広がってくる。
 早川尾根の一番、高いピークはアサヨ峰か。富士山はその稜線の左 に見える。
 北岳は、登って行くと、ますます高い山に見えてくる。仙丈ケ岳は、すぐ 隣の山なのに意外に遠くに見え、南アの造作の大きさを教えられる。

 峠から60分余りで、駒津峰に登りついた。甲斐駒の山頂部をガスが 覆い始める。鋸岳への尾根は完全に雲の中。

 10人ほどの団体が4パーティーほど先行し、そのあとを私たちが鞍 部へ下降する。岩と木の根が出てくる段差が大きい下りで、尾根はやせ ており、先行者は渋滞気味。2パーティーは追い越させてもらったが、ト ラバース道との分岐点からは、人が少ない直登コースをとることにし た。この岩尾根は、分岐のすぐ上に短い岩場があっただけで、むずか しいところもなくいいペースで山頂へ直上していく。

 風衝地帯に生きるトウヤクリンドウが、群生している。白く可憐な気品 のある花だが、この花が生息する地域は、ザレを飛ばすような風が吹 き、冬も強風で雪がつもることのない、凍てつく裸地だ。他の植物をよせ つけないような厳しい環境で、夏の終わりに花が咲く。
 一帯には、花崗岩の白い巨大な岩のオブジェも展開する。甲斐駒ケ 岳の、個性ある一面に魅せられる。
 私は、以前に登った燕岳を思い出した。季節も日差しの強さも違うが、甲 斐駒の花崗岩は燕岳にくらべてより白いと感じた。岩の種類・組成が違う のかもしれない。、岩場が目の前いっぱいに連なるそのフィールドは、燕 岳よりもはるかに広大だった。




トウヤクリンドウ 山頂にて

 11時16分、甲斐駒ケ岳の山頂に着く。3000メートルにあと少しの花 崗岩の頂だ。
 雲の中に突き上げるような頂の、上空は薄青色の空が広がり、周囲の ガスが流されると、はるかに続く薄い雲の海が広がっていた。そこは、た いへん高度感のある場所だった。
 北に下降する黒戸尾根の先を眺め下ろそうとしたが、やはり白い岩場 が続くこの尾根も、中層の雲の中に消えていた。

 山頂からの眺め、とくに北から西の方角は、一番、期待していた。けれ ども、すぐそばの八ヶ岳もまったく見えない。ただ、北から北東の方面でず っと遠方、雲の上に、3ヶ所ほどなだらかな山並みが遠望できた。(名前 まではわかりません。)

11時45分、山頂から下降を開始。すっかり気に入った直登コースを、 またたどる。
 駒津峰への登り返しで右足が少し痙攣した。2週間前の笠ヶ岳のダメー ジが、まだ効いていたか。睡眠不足で倦怠感も出てきたため、長男に荷 物を持ってもらい、さらに身軽になってゆっくり下りる。

 仙水小屋に14時に着く。最終バスに間に合うことが確実になったた め、小屋に幕営のキャンセルを申し出た。応対してくれたHさんは、長 男の山小屋バイトの先輩の友人で、ひとしきり懐かしい話がか わされた。Hさんは、その友人に会いに、バイトが明けたら彼のいる太 郎兵衛平の小屋へ出かけると話していた。私の長男は、その友人の妹 さんがいる剣御前小舎へ、この9月にアルバイトに入ることになってい る。山小屋のネットワークは独特なものがあると思う。

 テントなどを回収して、ヤナギランが咲く長衛小屋へ下り、北沢峠へ 登り返す。行きのときには気がつかなかったけれど、林道脇の樹林 の林床には、ヨブスマソウやコウモリソウの仲間、それにカニコウモ リなど、「コウモリ」に縁のある植物が密生していた。
 帰りの村営バスでは、道路脇の山腹に、カモシカが草?を食む様 子も、眺めることができた。



http://trace.kinokoyama.net  
南アルプス・中央アルプス・八ヶ岳 Indexへ
  HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫