4月の爺ヶ岳――風雨の幕営、雪たっぷりの好展望

2005年4月29〜30日  3人パーティー(カミさん、長男と)


 1泊2日で扇沢から鹿島槍ヶ岳に往復で登る予定で出かけました。
 扇沢から種池山荘へ上がる柏原新道は、冬期から残雪が安定する6月後半までは、雪崩 や滑落の危険が大きく、使えません。爺ヶ岳へは南尾根(南稜)がルートになります。
1日目に冷池山荘の天場まで上がるはずでした。しかし、4月29日の午後は天候が一 時的に崩れて、扇沢に着いたときは雨と強風でした。この日は、南尾根のJP(ジャンク ション・ピーク)のずっと下で幕営。
 翌30日、好天のなかを、爺ヶ岳(南峰)を往復して、扇沢に下山しました。
稜線からは、例年を上回る大量の雪をまとった北アの山々が美しく望めました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

4月29日
 東京・西多摩の自宅(4時20分発)→中央道・長野道経由→豊科インター→信濃大 町→扇沢・登山口(9時04分着、急な雨で車内で待機)
 登山口(10時09分着)→冬季ルート分岐→南尾根の標高1825メートル地点( 12時03分、幕営)

4月30日
 幕営地(4時19分)→1917メートルのピーク(4時37分)→ JP(ジャンクション・ピーク、標高2300メートル、6時  01分)→標高2328メートルの鞍部(6時19分着、食、6時25分発)→爺ヶ岳南峰(7時36分着、8時2 4分発)→幕営地(10時45分着、撤収、12時22分発)→扇沢(13時32分着 )  扇沢(14時02分)車→途中、散策、大町温泉入浴、食事→東京・西多摩の自宅( 19時55分着)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

4月29日
 大町あたりからポツポツと降り出した雨は、アルペンルートの起点・扇沢の手前で本 降りに変わりました。黒雲が空を多い、強い風とともに断続的な降雨です。雨具をつけ て出発の準備をし始めましたが、たまらず、車内で模様眺めになりました。
 雨具もスパッツも外側はびっしょり。ワカンやピッケルを携行する季節ですから、ザ ック・カバーなんて付けるのは似合わないし、面倒です。この季節の入山日の雨は、夏 山よりもずっといやな思いがします。
 出発したあと、サングラスを3人分、忘れたのに気がついて、私が登山口を往復し、 時間をさらに30分近く空費する失敗までしてしまいました。



爺ヶ岳南尾根ルートのGPSトラックログ。
右から登る南尾根と合わさるところが、ジャンクション・ピーク。
「山旅倶楽部」より国土地理院25000分の1地形図と、数値地図50mメッシュ標高を
使用して、カシミール3Dで描きこんだ。
ハンディGPSは、ガーミンGPS12を使用。




雪が解け出して現れた地面には、
ショウジョウバカマが咲き始めていました。
登山道沿いで


 登山口から20分ほど登ると、柏原新道の夏道と、爺ヶ岳へ直行する南尾根の支尾根 との分岐に出ます。分岐といっても、正面の柏原新道は、厚い積雪が行く手の道を消し 去っています。支尾根の方は、のっけから急な雪面の登りです。
 南尾根は、17年前の冬に、爺ヶ岳からの帰路に使ったルートです。尾根筋を忠実に 高度を上げていくために能率はとってもいい。そのかわり、傾斜はきつい場所が多く、 積雪が少ない時期には藪が現れ、下部では消耗させられます。



扇沢からの夏道(柏原新道)の途中にある、冬季ルートの道標。
ここから、南尾根通しに、爺ガ岳をめざします。


 登り出してすぐに単独行の男性が降りてきました。雨はともかく、風があまりに強い ので、引き返してきたのだそうです。
 40分ほど上がったところで、今度は8人ほどのパーティーが下山してきました。稜 線まで出て種池か冷池に幕営を予定していた様子ですが、途中のジャンンクション・ピ ーク(JP)付近から引き返してきたとのこと。「風が強くて、とてもテントは張れない 」と言っていました。

 実際、風はすごい。樹林がゴォーっとうなり、歩行をやめて体を支えなければならな いような強い風が吹き付けます。そして、その風に合わせて、バラバラと雨粒が落ちて きます。
 初めてのルートだったら、私たちも登山口付近まで引き返すか、断念するとことでし たが、「JPよりも下ならば、風は弱い場所があるはず。テントは雪の壁で防護すればい い」と読んで、高度を上げていきました。そのためには、積雪が1メートル以上はある 場所まで上がることです。設営にはスノースコップが強い味方になります。



これが天場の全景。残雪のキャンプは、春山の楽しみの一つ。
傾斜がある斜面でも、積雪が1メートル
以上あれば、かなりしっかりした基礎づくりができます。
程よい斜面の方が、上部の雪を下部にならして整地できるため、雪の確保は楽です。

 登るにしたがって、風はますます強くなりました。途中、「ここはいいね」という場 所を何度も見つけながら、もっと高度を稼ぎたいと、上を目指しました。
 そして標高1850メートル余りの場所に、いい場所をまた見つけました。

 位置は、JPの一つ下の、支尾根と支尾根が合わさる小さなピークの下です。
 そこは尾根筋から30メートルほど扇沢の谷側に下りたところで、下がった分だけ、 風が弱くなりました。そして、北と西に合わせて4本の針葉樹の大木があります。風上 は北西方向ですが、そこには高さ(比高)1・5メートルほどの雪の盛り上がりがあり ます。何よりも、積雪が十分ですし、厚い吹き溜まりは、設営のよい材料になります。
 斜度は15度ほどでしょうか。テントを張る場所だけはやや平らですが、そこからはみ 出したものは、ころころと雪面を転がって落ちていきます。



基礎工事風景。携帯電話のカメラで撮影

 まず、テントの床面の大きさを、雪面に描きます。次に、斜面の下側に、周囲の吹き溜 まりからブロック状に雪を切り出し、雪を止める壁を造りました。高さは80センチほ ど。そして、その内側に、さらに雪を放り込みながら山靴で踏み固め、水平の面を造っ ていきます。雪を切り出す人が、斜面の傾斜をうまく使って、防護の雪壁の中へ雪をす べり落し、残る人が足で踏み固め、整地していくという具合です。
 こうして始まるキャンプは、春山の楽しみの一つです。
 雪の斜面に水平に設置された土俵のような天場が出来上がりました。この水平な面に、 テントを張り、その張り綱を木の枝やペグに結んで雪の中に埋め込みます。張り綱は、 周囲の大木の枝にもしっかり固定しました。
 仕上げは、テントの周囲に、テントの壁の半分近い高さまで、防風の雪の壁の積み上げ です。




完成!

 斜面だと、撤収もわりと楽です。平地だと、雪を掘り出し、持ち上げ、移動させねば なりません。ここでは、雪は切り出せば落下していきますから、壁を壊したり、ペグを 掘り出すのに、雪を動かす労力はあまりいりません。
 設営が終わって、テントに入れば、外がどんな天気でも、中は天国です。ガス・ラン タンで中を暖め、濡れものを乾かしました。昼ごはんに続いて、ウィスキーの雪割り、 お湯割りで、久しぶりに家に帰った長男の「この世界の根源をさぐる」学問の話、その 他、とりとめのない話などをして、そのまま、豚肉と野菜の味噌炒め、味噌汁の夕ご飯 となりました。

 天気予報では、夜には雨がほとんど上がるはず。夕刻、中腹まで立ち込めた雨雲と霧 がいったん晴れると、幕営地の正面に赤沢岳から落ち込む大きな雪渓が現れました。土 砂崩れと底雪崩などで、雪渓は茶色に汚れ、壮絶な姿です。首を真上に向けると、そこ には針ノ木岳へと続く岩と雪の稜線がありました。
 雨は夜になってほとんどやみましたが、風は未明まで続きました。

4月30日
 鹿島槍を往復することは時間的にみてかなりきつくなりました。が、行程がはかどり 条件が良ければ、という淡い期待も残して、午前4時15分に、幕営地を出発しました。  期待通りの好天です。月が明るく、ヘッドランプはなくとも、ルートはよくわかりま す。



翌朝は、晴れ上がりました。
背景は、朝日を受ける針ノ木岳方面。




 標高1900メートルまで高度を上げると、JPの一つ下の、支尾根の合流する場所。
 この少し先で、ルートは樹林を離れ、尾根の東側の残雪の上部にそって、雪の上を登 るようになりました。前後の空間が開け、降り返ると朝日を浴びた針ノ木岳が、高い位 置から大雪渓を落ち込ませています。すばらしい高度感、登高感を味わえる登りが始ま りました。
 右側の谷は、ややきつい傾斜で、雪面が落ち込んでいます。いったん扇沢側にルート が変わると、こちらも雪面は急な角度で扇沢に落ち込み、滑ったら止らない場所もあり ました。

 南尾根は、頂上直下まで、歩きやすい、ときに急な雪の尾根が主体。ぐんぐん高度を 上げていきます。JPを通過すると、樹林はまばらになり、開放的な雪面歩きとなります。
 後方に前穂と、奥穂、続いて、槍ヶ岳が見え出しました。八ヶ岳、南アはもやの彼方 のシルエットです。間近の針ノ木岳は、ますます高度感を高めて、見事な姿です。



山頂へのルート

 頂上の一つ手前の前山との鞍部で、雪のルートと別れ、尾根の踏み跡をたどります。 ここでアイゼンを外しました。風がまた少し強くなりだしました。
 赤沢岳、岩小屋沢岳の向こうに、剣岳から立山へ続く山々が姿を現し始めました。

 7時36分、爺ヶ岳南峰の山頂に着きました。
 北アの名峰が、私たちの目の前にずらりと並ぶすばらしい展望です。
 とくにすばらしいのは、剣岳です。ここからの眺めは、平蔵谷、長次郎谷、小窓、 三の窓、大窓と連続する谷と、その間の尾根を真横から眺める好位置にあるだけに、剣岳 の大きさと構えが印象強烈。圧倒的です。
 北には、白い優美な曲線を描いて、鹿島槍ヶ岳の双耳のピークが美しい。剣岳 を目にしたあとでは、なおさら伸びやかな姿に映ります。
 針ノ木岳の右奥に浮かぶ薬師岳も、なにか遠い世界にあるような神々しい存在に感じ ました。

 山がこれだけくっきり見えるのは、天候に恵まれたせいもありますが、高い位置から、 そこそこの至近距離で、澄んだ空気を介して、山々に対峙できたからでしょう。

 遠景の山々では、爺ヶ岳北峰の背後に、左から、雨飾山、火打山、妙高山、戸隠の乙 妻山、高妻山の山々。
 そして、東には、岩菅山、横手山、四阿山、浅間山・・・。
 東南には、富士山、八つ、南ア、中ア、御岳などが見えました。



爺ヶ岳南峰の山頂から、剣岳、立山方面

大きめの写真(350キロバイト程度)は、 こちら






上の写真の、種池山荘部分をトリミングした写真です



同じく、槍ヶ岳、穂高連峰方面



同じく、針ノ木岳と、右背後に薬師岳

大きめの、画角が広い写真(350キロバイト程度)は、 こちら






鹿島槍ヶ岳

大きめの写真(350キロバイト程度)は こちら






爺ヶ岳北峰の背後に、左から、雨飾山、火打山、妙高山、戸隠の乙妻山、高妻山など。

 鹿島槍ヶ岳は、ここから片道3時間余り。往復して扇沢に下山すれば、夕刻にな ります。未明からの行動では、私たちには厳しすぎるので、また次回に登頂はもち こしになりました。
 その分、ゆっくりと山頂の眺めを堪能し、のんびりと往路の残雪の道を楽しみまし た。
 次回は、同じ春、軽い荷物で冷池山荘に泊まり、雪の鹿島槍に立とう。帰り道、 みなの意見は一致しました。あの頂から望む剣岳、そして北ア最北の稜線は、どんな 姿を見せてくれるのでしょうか。鹿島槍からは、距離270キロ超、日本海の彼方に 浮かぶ鳥海山の超遠望の楽しみも待っています。

 扇沢までの道々、そして大町への車道沿いで、花や木の芽の撮影にも時間をくいながら、 春の北ア・爺ヶ岳の山旅を終えました。



http://trace.kinokoyama.net  
北アルプス Indexへ   HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫