トムラウシ山遭難。低体温症と、ツアー登山。2つの問題

   ―――野原森夫の山と自然のジャーナル








 私は、今回のトムラウシの大量遭難は、2002年の多重遭難と同様に、ツアー登山がもつ独自の危険性と、低体温症への無警戒が生んだ事故と思います。
 写真は、カウンナイ川源頭から、トムラウシの稜線(1984年)

 以下に、事態の経過のなかで順次、ヤマレコ(山行記録データベース)に投稿した内容をリンクしておきます(2009・7)



トムラウシ遭難。低体温症と、ツアー登山。2つの問題
http://www.yamareco.com/modules/diary/990-detail-3691
1979年トムラウシ遭難のご家族への返信
http://www.yamareco.com/modules/diary/990-detail-3733



トムラウシのカウンナイ川(1984年8月)




http://trace.kinokoyama.net  
山と自然のジャーナル Index へ   HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫