ハンディGPSによる測位、現在位置決定
2010年5月


 地図表示機能がない、クラシックなタイプのハンディGPSや、GPSロガーで、現在地を 正確に確認する方法は、次のようになります。




 カシミール3Dを使い、地図に10秒間隔で経緯線を描きこんだ地図。
作業をわかりやすくするために、普段書き入れる経緯線より太いラインを使用。
10秒メッシュだと、1つのマス目のタテ・ヨコの間隔は300メートルほどになる。


 まず、パソコンであらかじめ目的地の紙地図を用意します。
 ソフトはカシミール3Dなどを使います。地図には、緯度・経度のラインを 表示させ、印刷します。
 10秒間隔(図の青い線)のほかに、補助線として60秒(1分)間隔の赤い線 を表示させ、地図ごと印刷します。
 上の地図では、わかりやすくするために、線の太さを実際に山で使う地図よりも 太く引き、強調してみました。線の種類と太さと色は、ソフトで自由に変えられます。
 印刷するときに、緯度経度の数字をラインごとに書き入れる設定にすると、
それぞれの線が何分何秒を表しているか、すぐに見てとれます。

 さて、現場では、ハンディGPSや、GPSロガーには、緯度と経度がコンマ1秒 単位まで表示されます。
 その数値が、地図のマス目のどのポイントにあたるか、現場で確認します。細いサイン ペンなどがあれば、緯度・経度の数値の「交点」が1秒以内の誤差で定まります。
 1マスを10等分すれば、1秒ですから。

 電波の受信状態にもよりますが、ふつうの条件であれば、数十メートル以内の誤差 の範囲で現在地が特定できます。
 実際の応用例は、以下の2つの記録をごらんください。


 八ヶ岳・縞枯山ツアースキー
 上越・ナルミズ沢
 奥利根のブナ林にきのこ探索



     TOPへ


 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/