丹沢・城ヶ尾峠から加入道山、大室山


1999年8月17日(前夜登山口近く泊り)  3人パーティー


【行動タイム】

16日夜 丹沢・北山麓(津久井町)に集合、泊。
17日 津久井町(5:25)車→三ヶ瀬川の水晶橋上(6:04)→城ヶ尾峠 (6:50)→大界木山(7:38)→モロクボ沢の頭(8:33)→水晶沢の頭 (10:05)→白石峠(10:32)→加入道山(11:03〜31)→大室山 (13:07〜32)→犬越路(15:03〜10)→神ノ川ヒュッテ(16:2 6)車→津久井町(16:55)




 仕事がらみでたまに丹沢の北山麓に出かけると、大室山(1588メートル)は間近に 見上げることができる。近くの犬越路の峠までは何度か上がったことがあるのに、 頂上には登ったことがなかった。山の仲間のトレーニング山行にと声をかけられ て、「ぜひ行きましょう」とのることにした。丹沢の北西部の稜線を縦走すること になるので、うまくいけば富士山や遠望の山々も撮影できるかもしれない。

 8月16日、自宅を夜8時すぎに発って、中央道相模湖インター経 由で、前夜のうちに津久井町の集合場所に入った。奥相模湖ダム(道志川)では、 2日前に大雨の増水で流された2人のキャンパーの捜索で、警察の人たちが投光器 で湖面を照らしていた。集落の中の消防団の建物も明々と灯がともっていた。

 17日、早朝に車で道志川沿いの国道を登り、道志村に「道の駅」が川沿いにで きたところから細い車道に上がっていく。三ヶ瀬川の水晶橋を渡って左の林道に入 ると、すぐに道志村キャンプ場で、支流の東沢沿いに100台ほどの車とテントが キャンプ中だった。キャンプ場を抜けたところで林道の車止め(チェーン)に突き 当たり(標高940メートル)、6時04分、登り始める。
 登り出してすぐに林道わきに長さ2センチほどの卵型の真っ赤な苺の実がいっぱ いなっていた。葉も実も、ノウゴウイチゴに似ているが、こんな標高が低い場所に あるのだろうか。

 やや水量が多い東沢を2度渡渉すると、林道の右手に登山口が分かれる(6時2 0分)。尾根にまっすぐにつけられた登山道で一汗かき、山腹や小沢をトラバース するとすぐで城ヶ尾峠着(1140メートル、6時50分)。朝食にする。
 稜線はけっこう濃い霧に包まれていて、樹林の中ということもあって、登ってい る山の形さえわからない状態。ときどき「ドドン、ドドン」と遠雷のような大きな 音がして、天気予報に反して雷雨まであるのかと、ちょっと気がめいったが、何度 も聞いているうちに「あれは、東(北)富士演習場の榴弾砲の射撃訓練の音だ」と いうことがわかった。それにしても、この日はずっと音が鳴り響いていて、ちょっ と興ざめでした。

 ここからは、大界木山(1246メートル)、モロクボ沢の頭(約1200メー トル)、水晶沢の頭(1278メートル)と、ブナの樹林の中をたどる。何も見え ないだけでなく、行程の半分くらいではスズタケか何かの笹が道にかぶっていて、 露がズボンにふりかかり、下半身がぐっしょり濡れる。
 それでも、雑木混じりのブナの森の道は涼しくて、キノコがつぎつぎに現れて、 なかなか楽しめる。水晶沢の頭の手前では、夏の終わりから出るキノコのチチタケ の、珍しく大きめのものが1本見つかった。「このキノコは、なんていうの?」 「これはチチタケっていって、傘に傷をつけると牛乳のように白い乳が出てくるん です。栃木県で珍重されているいいだしがでるキノコで、10本2000円くらい で土産屋さんで売られていますよ」。

 倒木にはニカワチャワンタケやキクラゲの仲間、幹が折れた朽木にまだ生えかけ のウスヒラタケ、地面からはイグチの仲間、もう10日ほども適当にお湿りが続い ているので、ほんとうにいろいろなキノコが現れる。笹ヤブの斜面の下の朽木に、 びっしりとクリーム色の元気なキノコが生え出しているのも見つかった。あれは硬 い体のキノコで、食べられないようだけれど、あんまり見事なので写真を撮りに行 きたい衝動にかられた。が、道からやや遠いので眺めるだけにした。

 道脇には、白いオダマキの花も2株あった。
 「あれは、なんだろう?」と3人で眺めたのは、ブナの幹の上部が二股に分かれ るあたりから、垂れるようにして咲いている花だった。「ギボウシの花だね」「あ そこに木に穴があいていて、そこに種が飛び込んだんだね」。高さ6メートルばか り。
 このブナの二股の高い場所に咲くギボウシは、大室山からの下山の途中からも見 つかった。
 ※この花はあとで、ブナなどのウロや岩の 割れ目によく繁殖するという変わった生態をもつ、 イワギボウシであることがわかった。

 白石峠では、道のところどころに白い岩、石が目立った。ひと登りで加入道山 (1418メートル)へ。11時を回っており、ここまで5時間もかかった。ト レーニングとはいえ、小さなアップダウンが続く、長い稜線である。
 丹沢にくわしいA氏によれば、加入道山は、「丹沢十山」に入るとのこと。前後 の樹間からの富士山を楽しみにしてきたけれど、残念ながらガスはまだ晴れてくれ ない。かわりに道志山塊の稜線を見下ろすことができ、今倉山、菜畑山、巌道峠な どを教えてもらった。ここらあたりまでくれば、登山者に出会うかなと思ったのだ けれど、真夏の西丹沢には、誰もいない。下山するまでの10時間余り、まったく 誰にも会わない山行になった。

 大室山へ続く稜線。薄紅色の細かい花が固まって咲くシモツケソウがところどこ ろにある。仰々しくて好きになれないマルバダケブキ(丸葉岳蕗)も、湿った場所 に咲いている。山頂が近づくと、トリカブトがブナなどの木の下を一面におおっ て、ちょうど咲き始めだった。それもちょっとやそっとの群生ではなくて、延々2 0分ほど、トリカブトの中の道が続くという感じ。花の独特の鮮やかな青色に、よ けいに危険な印象を感じてしまう。

 13時すぎ、大室山の山頂に着く。「登りだしてから7時間だよ。なかなか登り がいのある山だったね」。丹沢では3番目に高い山だ。
 実は下降し始めてから、この山の大きさをあらためて再認識させらることになる のだったが。
 国立市や立川市に住んでいた頃、富士山の左手前にいつも独立峰のような大きな 姿を見せていた大室山。ようやくその頂に立てて、うれしかった。
 山頂からは新しく神ノ川ヒュッテに直接、下降する道も開かれていたが、3日前 の大雨・土砂崩れの影響を考えて、犬越路の峠を経由する、従来の道を選んだ。

 犬越路までの下降の長かったこと。そして、犬越路からの下降もまた長かった。 なにしろ、大室山から神ノ川ヒュッテまでは、1000メートルも下る。4リット ル担いだ水が大分、減っても、三脚や望遠レンズを持ってきたので、荷はけっこう ある。左膝頭が、また痛みだした。
 大雨がもたらした自然の猛威のあとが、登山道をあちこちで断ち切っていた。岩 屑が大小の雪崩となって落ち込んだあとを、何回もトラバースさせられた。

 16時26分、神ノ川ヒュッテ着。コースタイム約8時間の縦走コースに10時 間20分をかけて、ちょっと長かった西丹沢の縦走が終了した。







山の便り、大地の恵み (野原森夫)
http://trace.kinokoyama.net  
関東の山 Index へ    HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000