ブナ林できのこ採りつつ 雲取山家族登山
                1992年10月10日〜11日


                 〔新聞山行欄への投稿用に、遥子がまとめたもの〕

 秋口まで続いた雨不足で今年のキノコ・シーズンはまだ本格的な収穫に恵まれません。 このところの降雨でどれだけ挽回しているかと期待しつつ、奥多摩・雲取山のブナ林を訪 ねました。

 十日、立川市から車で二時間余。一二時半に後山林道の車止めに到着。ガケの擁壁工事 のため、林道終点まで三〇分歩き、三条の湯への登山道に入りました。沢は豊富な水量で 、色づき始めた葉を映しています。夫が、山側の急斜面の倒木にいっぱい張りついた白い キノコを見つけ、「おっ、ブナハリタケだ」とよじ登り始めました。息子二人と先に三条 の湯(標高一一〇〇メートル)に着いて待つと、竹カゴをうれしそうにかかえて追いついてきま した。

 昼食後、一四時半発。登山道はイヌブナ、ナラ、シイ、クヌギ、クリなどの自然の林を ぬって進みます。「こんなに規模の大きな美しい林が残っているなんて」とびっくりさせ られました。奥多摩に多い杉の人工林はここでは見当たりません。子どもたちはドングリ を拾ったり、数は少ないながらも、ときどき現れるキノコの名前を調べたりして、えらく ゆっくりしたペースで足を進めます。途中のブナの林のなかでは、姿が美しいフチドリツ エタケが採れました。林道のすぐ上の沢筋に横たわるブナの倒木に、ブナハリタケがびっ しり付いているのも見つけましたが、もう、時間がないので下りの楽しみに。

 一七時すぎ、やっと稜線の三条ダルミに出ました。シカの鳴き声が聞こえます。ここか ら夕闇の中を山腹をトラバースし、一七時四五分、真っ暗になった雲取山荘に着きました 。小一の二男には、ちょっと怖い道だったよう。連休で小屋は超満員です。満月の下にひ ろがる都会の夜景に、「東京都の最高峰」を実感しました。

 十一日は雨模様の天気。ゆっくり起きてホットケーキの朝食を作り、八時前に山荘発。 雲取山頂(二〇一七メートル)は霧の中でした。でも、黄や赤に色づき始めた木々を眺めつつ、 三条の湯への道を下ります。

 登りに目をつけていたブナの倒木には、ムキタケも生え出していました。小一時間もか けて採って、もうカゴはいっぱいです。道を横切る倒木にもヌメリツバタケ、ウスヒラタ ケ。「おや、あれは?」とヤブをこいで道から外れると、ヌメリスギタケの株でした。三 条の湯の周辺ではブナシメジも採れ、一三時すぎ、林道の車止めに下り立ちました。

 「大収穫だ」と息子たち。夫のうれしそうな顔は、キノコを肴にしての今夜の酒を想っ てか・・・。東京都内に、こんなすばらしい自然が残っていることに、大満足の山行でし た。








山の便り、大地の恵み (野原森夫)
http://trace.kinokoyama.net  
関東の山 Index へ    HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000