2月の伊豆半島 花紀行   





 2月上旬の伊豆半島の森にでかけました。



林道脇では梅が見ごろ。熱海ではアタミザクラも7分咲きでした 



森に入ると、沢沿いにミヤマキシミの花芽 



花芽のアップ 



綿毛たっぷり。キク科の植物でしょうか 



森の入口には猪狩りの看板 



ハリギリです。芽がしっかりついています。 



広葉樹の倒木についた、キクラゲ 



キクラゲがいっぱいついていました 



不明 



アセビの花のつぼみ 



秋に実ったヤマボウシの実。サッカーボールのような模様。
模様の1個ずつが実で、熟すると種子がはみ出してきます 




同 



タチツボスミレ 



ヒナスミレか、ヒメスミレ? 



アメリカイヌホオズキ 



フキノトウは盛りでした 



日当たりが悪いので、実がまだ育ちかけの フユイチゴ 






 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/