日の出山
 1983年10月(日帰り)  家族3人

 青梅線の御岳駅でおりて、ロープウェーで御岳山へ上がり、尾根道をたどって日の出山 へむかう。紅葉が少し始まり、道の周囲には小鳥たちがさかんに現れて、鳴いていたけれ ど、背中の岳彦はヤッケに包まれ、ショイコの中で眠りつづけだった。

 山頂に着いて、背中から下ろされると、岳彦はなんとか一人で立って、二、三歩だけ歩 く。手で体を支えてやって、三角点の上に岳彦の足をのせた。日の出山は、岳彦が初めて 踏む山頂になった。小広い頂上からは立川や昭島の市街地、それに遠く新宿の高層ビルも 眺めることができた。

 五日市側の養沢方面へ、途中、鍾乳洞をへて下山する。沢沿いの車道に下りて、岳彦を 立たせ、私が二〇メートルほど先へ行って「岳彦、歩いておいで」といったら、岳彦はふらつき ながらも、ニコニコしつつ歩をすすめ、初めて四、五〇メートルも歩いてしまった。一歳一ヵ月 だった。山で、初めて歩けるようになるなんて、さすが我が息子! 子どもといっしょに 騒ぎながら下りてくる私たちを見とめたのか、近くのおばあさんが道端に出てきて、香り のよい柚子を岳彦にくれた。





山の便り、大地の恵み (野原森夫)
http://trace.kinokoyama.net  
関東の山 Index へ    HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000