五日市の弁天山、城山 陽だまりハイク


2008年1月3日


 お正月の足慣らしハイキング。五日市の東に低く山並みを連ねる弁天山・城山に 登ってきた。
 東京・秋留台の我が家からは、富士山は6合目から上しか見えない。富士山の下 半分を隠すのは、影信山から陣馬山に連なる稜線。その稜線から北(五日市方向)に分枝するのが、 市道三山で、そのまた手前に低くはべっているのが、弁天山と城山だ。



 手前のでこぼこした山並みが弁天山から城山の稜線 

///////////////////////////////////////////////////////////////

JR五日市線・武蔵増戸駅(9時18分着、同発)→山田大橋(9時27分)→五 日市トンネル脇から林のヤブコギ(9時46分)→弁天洞穴(9時59分着、登山道に 出る、10時01分発)→弁天山山頂(10時05分着、食事、同34分発)→城山縦 走路分岐(同37分)→城山山頂(10時53分、同57分発)→小峰公園への道を左 に分ける→高尾神社・奥社(11時20分)→登山口・高尾神社(11時29分)→五 日市街道(11時40分)  ここから、五日市駅徒歩15分。

//////////////////////////////////////////////////////////////


武蔵増戸駅から10分で、秋川にかかる山田大橋を渡ります  

 最寄のJR五日市線・武蔵増戸駅から出発(9時18分)。五日市街道を渡り、秋 川にかかる山田大橋のたもとまで来たところで、「弁天山」と書いた道標が左を指し ていた。これが正規の弁天山への登山道にいたる道で、秋川を150メートルほど上 流で、南岸に渡って、北東側の尾根にとりつく。
私たちは、せっかくのご近所の探索なので、道があるかないかはわからないが、弁 天山を南東ないし真東から攻めてみることにし、山田大橋をそのまま渡って南岸の網 代地区へ着いた。

 車道を西へ折れて、道なりに進み、深く、しかし水流が見えないV字谷を立派な橋 で渡る。
 弁天山を東から見上げる場所に来た。車道は、左折して「五日市トンネル」に向かって いる。弁天山方向の正面には小さな畑があり、私たちは畑を左から迂回して抜け、まっす ぐ山頂をめざすことにする。(9時46分)



弁天山へ向かって、道のない樹林を登ります  

 いよいよ、弁天山の登り。道はなく、最初は檜の樹林の際を通る。ついで、雑木林を 直上する。小尾根の稜をつたい、かすかな踏み跡をたどっていく。先行するカミさん が、ルートを失い、止まっている。枯れ葉の堆積で、踏み跡はいっそう判然としない。木 立のなかに、人が進んで行けるほどの、はかなげな通り抜けを見つけ、改めて登る。

 一登りで、開けた樹林の中の空間に登りあがった。「弁天洞穴」という道標が立ってい た。やった。登山道に抜けた。(9時59分)



登山道に合流したのは、弁天洞窟という場所 ででした。背後の岩の穴に毘沙門天像など1400年代の石像が安置されています  

 洞穴の入り口まで登って中をのぞくと、真っ暗ですぐには何があるのか見えない。じっく りと見ると、4畳半ほどの空間に数体の石像がすえられていた。毘沙門天の像や、文明9 年(1477年)という彫りこみがある大黒天の像が設置されているとのこと。日本の中世 のころに興隆した「弁財天」信仰のなかで建立されたものと立て札に記述がある。本来なら ば、弁財天の像こそなければならないが、これは後に時代に失われたらしい。




弁天山の山頂  


 洞穴からは、わずか100メートルの急登で、弁天山の山頂に登りあがった。(10時0 5分)
 標高292メートル。北から東へ、100度分ほどの見晴らしができる。遠く恵比寿、六 本木、新宿、池袋の高層ビル群が見えた。さいたま市あたりにも高層ビルがあり、ドーム型 のスポーツ施設も大きく見える。その左(北)はるか彼方の山は、筑波山だ。



弁天山から秋留台の台地の彼方に、筑波山や新宿副都心が遠望できました  



  



弁天山を下降  

 眼下をゆったりと流れる秋川。秋留台はほぼ全域を間近に見下ろすことができる。我が家の 近所にある神社の森も見えた。無風快晴の日差しのもと、すべてが明るい光景だった。
 海苔巻きのお餅を食べ、みかんをほおばり、熱い紅茶で一息いれながら、穏やかな景色を 眺めた。



城山への縦走路で、蛇ノ髭の実  

 弁天山を下って、武蔵増戸駅への道を右に分け、城山への縦走路に入る。
 この登りで目立つのは、冬も鮮やかな緑色の葉を伸ばすアオキ。木漏れ日に葉が透き通るよ うに明るく映える。先行するカミさんは、木陰の向こうで姿が見えない。「ジャノヒゲがある よー!」と上方から声がする。登ってゆくと、日が差し込む一角があり、蛇ノ髭が群生してい る。真冬の雑木林の林床で、コバルト・ブルーの光沢のある青い実をつけるユリ科の植物。実 は、美しい陶器のような色合いで、細い葉とは不釣合いに見えるほどだ。



アセビの花芽  



先端のつぼみは、もうすぐ咲き出しそう  

 しかも、実に見えるものは、果実ではなく、種子そのもの。果肉は周囲につかず、種子その ものである胚珠が、そのまま生長・肥大して露出しています。不思議な植物だ。



 アオキの花芽 



  



ミズナラの株立ち  

 この一帯もそうだが、弁天山から城山の北側から東側は、杉などの植林地はわずかで、ナラ やホオの木などの自然の広葉樹林が広がっている。五日市街道から見上げると、春先の芽吹き の時期、新緑の時期、そして秋の紅葉の時期、それぞれに季節の訪れを伝えてくれる場所だ。下 から眺めてきたその森に、今回はようやく入り込んだことになる。ツツジも多く、その季節な らばハイカーも多いのかもしれない。今日は、まったく人に会わない静かな山道だった。



今日の最高地点の城山の山頂。ここも樹間に遠望が利きます  

 やや急な、短い登りを2回、乗り越すと、城山の山頂に出た(10時53分)。標高331 メートル。
 楽しみにしてきたのは、「関東北山」の遠望だ。弁天山からは、隣の草花丘陵にさえぎられ て、「北」の遠望が利かなかった。日光から上越にかけての雪山が、この高さからならば、見 渡せるかもしれない。幸い、北の方角は、この季節だけは樹間に視界が開けていた。
 しかし今日は残念。もやのせいか、遠望はできなかった。

 がっかりしたが、もう一つ、望んでもいなかった楽しみが、この山頂にはあった。
 図面入りで立っている説明板によると、この城山は、15世紀から16世紀にかけて、地元の 農民集団に支えられた地侍たちが、「網代城」という城を築いた場所だったという。地侍と農民 たちは、「一揆」を持続し、どの有力地方領主にも年貢を納めることなしに、ごくローカルな権 力を100年近くに渡って維持した。
 説明図によると、いまたどってきた縦走路の尾根が細まった部分には、「堀切」と呼ばれる溝 と柵が設けられていた。私たちが下降するこの先の尾根にも、堀切は二重、三重に設けられて、敵 の進出を阻んでいる。
 地侍と農民たちは、16世紀中ごろに小田原の北条家につながる北条氏照に敗北させられるま で抵抗を続け、その後には、八王子市の「滝山城」の支配下の支城として組み入れられたとのこ とだった。
 10数年も麓から見上げていたのに、そんな歴史があった山だったとは、ここに登ってくるま で、知らなかった。



 ナンテンの実 



城山の下降は急でした  

 城山から、五日市方面へ下降する。(10時57分発)
 すぐに、小峰公園への道を左に分ける。秋川街道に下りても、五日市は遠くなるので、右に秋 川へ下ってゆくルートを選んだ。これが、ちょっと見込み違いだった。
 高尾神社の奥社を経て、秋川へと降りていくルートは、登山道としてはほとんど歩かれていな いようだ。道は明瞭だが、3回ほどものすごい傾斜の下降があり、足元は落ち葉と転石で不安定。ト ラ・ロープを伝って下降させられる場所もあった。前方を通せんぼする倒木まで現れた。クモの 巣はほとんど残っていなかったが、これは冬だからで、他の時期には道はもっと通りにくそう。
 とはいえ、人が通らない道は、それはそれでうれしい。足元には、フジの種子を包んでいたサヤ が無数に散らばり、大きなホオ葉も落ちていた。南天の赤い実もまだ残っていた。
 場所はくわしくは言えないが、縦走路では、フユイチゴのかなり大きな群落も見つけた。1房、2 房、頬張ると甘い。真冬に熟す、木苺だった。



フユイチゴ  



 甘くおいしい 



  



3つ目の小ピークにある高尾神社の奥社  



五日市駅方面を見下ろす  

 小さな高みも3度ほどあり、最後の高みが高尾神社の奥社だった。(11時20分)
 その
少し先に尾根の肩のような見晴らし地点がある。五日市駅周辺と、その上に大岳山が望め た。  ひと下りで、登山口の高尾神社に降り立った。(11時29分)



登山口の高尾神社  

 秋川の深みはよく澄んでいる。ここから、五日市街道に出て、五日市駅は15分とかからない。
 私たちは、まだ歩きたい気持ちがあったので、秋川駅方面を目指して、畑の中の農道を選びなが ら、陽だまりのハイキングを続けた。背後には、離れるほどに小さく、低く、そしてついには周囲の 山にのみ込まれて行く、弁天山−城山の山並みがあった。



ミツマタの花芽  



下山して山裾で見つけた、アカカラスウリ  






 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/