樹氷と国境稜線の大展望。お正月の赤城山
2005年1月2日 (速報版)


 冬型が緩んだうえに、放射冷却で最低気温がぐーんと下がった1月2日朝。
 一冬に何度もないような、大展望が期待できそうということで、赤城山 を3たび、訪問しました。
 今回は、この展望の山行きに、2人の息子たちが加わり、家族4人で登りました。



黒檜山への登りの中間地点で。スカイラインが晴れ上がりました



大沼に着いたときは、まだ雪雲のなかだった黒檜山

 関越道から眺めたときも、大沼の登山口からも、黒檜山には雪雲がかかっていまし た。
 でも、天気予報から遅出と判断した作戦(ほんとは寝坊)が功を奏しました。
 半ばまで登りついたところで、山頂方面のスカイラインが見えだしました。
 完ぺきの快晴。振り返ると上越国境は、ずらりと白い山なみが続いています。


 


山頂はもうすぐ。樹氷が深い青空に映えます。
帰りは息子たちは、いい斜面を選んで尻すべりで下降しました。





山頂から北へすすんだ、展望ポイント。左背後は朝日岳から巻機山方面



岩菅山から谷川連峰までの、パノラマ。右方向 → へ続きます。
写真には入っていませんが、
上信国境の方向には、北ア、乗鞍、御岳は、
雪雲のなかにちら見え程度。ほとんど隠れていました。




朝日岳から巻機山方面



武尊山。一番、近く、大きく見えます。



燧ヶ岳方面。下山する直前に、ようやく雪雲が消えて、
やっと姿を見せました




黒檜山の山頂。右後方に男体山



山頂の南の社で。富士山、南ア、筑波山がよく見えました。





山の便り、大地の恵み (野原森夫)
http://trace.kinokoyama.net  
関東の山 Index へ    HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000