赤城山・黒檜山から上越・日光の山々を眺める

2004年2月21日




冬の黒檜山。手前の白い湖は、大沼(おの)


 21日、赤城山の黒檜山に登ってきました。
 この日は高気圧がすっぽり日本列島を覆って、2月には珍しいポカポカ陽気の一日でし た。そのために都内も道中も、数キロ先の山々もかすむ濃いモヤで、遠望はぜんぜん だめ。
 でも、標高1800メートルを超す独立峰の赤城山頂では、空気の透明度はやはり違っ ていました。遠望はむずかしかったものの、厚い雪をまとった上越国境と、そして日光 の山々が、私たちを迎えてくれました。

******************************

東京・西多摩の自宅(5時08分発)車→関越道で渋滞、途中、朝食→大沼 湖畔の登山口(8時42分着、8時59分発)→黒檜山・山頂(10時10 分着、北西寄りの尾根で展望を楽しむ、食、11時02分発)→登山口(11 時35分着、同47分発)車→途中、食→自宅(14時55分着)

******************************


 朝、暗いうちに家を発ってきたのに、土曜日の関越道は、スキーに行く車で渋滞でし た。今日は、新潟県側の山も、風のない穏やかな天候が予測されているからでしょう。
 山に登る私たちも、できるだけ早く登山口に立ちたいところですが、気がかりは、高い 気温のせいで発生した、すごいモヤです。高崎インターまで来ても、浅間山も、榛名山 も、今日登る赤城山も、何も見えません。ということで、展望はほとんど期待できない かもしれないと少々気落ちしながら、赤城山へと車を走らせました。
 頼みは、上空の大気の透明度です。

 大沼へと登る車道沿いでは、赤城の山々の南面に、雪がまったく見えません。「まる で春の山みたい」とびっくりしました。さすがに、高度800メートルほどにさしかか ると、日陰では山腹の森に雪が見え始めました。大沼の手前の登りでは、南面でも雪 が周囲を埋め始め、ときには冬タイヤでないと安心できない雪道も現れました。

 沼の北岸の登山口を、8時59分に出発。ここは2年前に、吹雪が止まず、登山を断 念した場所です。
 積雪は50センチ前後です。ルート上の雪がしっかり踏まれているため、アイゼンを 着けずに登りだしました。5分も登らないうちに、一部凍りついた尾根筋をたどる部分 が現れ、アイゼンを装着しました。足元が定まった分、登るピッチも上がります。



登山口からの登り


 コナラなどの気持ちの良い雑木林のなかを、夏道そのまま、と思われるルートはときどき ジグザグを切る程度で、一気に登って行きます。傾斜が強く、能率の良い登りです。
 ふり返ると、大沼が、首をまわさないと全体が視界に入らないくらいの大きさで、目の 下に広がっています。

 登りだして15分ほどして、梢越しに透かし見えていた青空に、白く太いラインが 斜めに横切って見えました。斜面をすすみながらだったので、斜めと感じたのですが、 体を立てなおして確認すると、白いラインは国境稜線の雪山でした。体を向き直して北 西方向を見ると、おおっと、あれは……、苗場山の独特の緩い大斜面の山頂部が確認で きました。その左には、岩菅山も見えます。
 モヤは、高度の高いところでは、かなり薄くなっている様子です。
 一目で視野にとらえられるほどに小さくなった大沼の、はるか向こうには、浅間山が、 モヤの海の上にぽっかり浮かんでいます。

 登山口から1時間余り。山頂部の尾根にある分岐点に出ました。積雪は80センチ ほど。
 右手の高みには、赤城山の神社の祠があります。左手(北方向)が、黒檜山の山頂です。




山頂から、北に伸びる尾根。
写真の左手前方に、樹木がまばらな展望地点がある


 山頂を10時10分通過。東から北へ、日光の山々が一望です。そのまま、北へ伸び る尾根をすすみ、100メートルほど先の見晴らしいい場所に出ました。そこは、樹木 がほとんどない尾根の高みです。上越国境の山々がずらりと並んでいました。



うっすらと霞んでかすんでいます
が、左はしは岩菅山、右へ白砂山、
苗場山、谷川岳方面へと連なります



 西から北方向。
 モヤでやや霞みながら、もっとも奥に、岩菅山、白砂山、佐武流山、さらに右へ苗場山 。平標山は、仙ノ倉山の大きな山体に寄り添うように、意外に鋭角に見えました。ここ から北の谷川岳へと、厚い雪をまとった谷川連峰が堂々と連なります。手前に朝日岳、 その右背後に、白く霞んで巻機山も望むことができました。






尾瀬、武尊山方面


 真北から東へ。
 武尊山は、幾つもの鋭い頂を連ねて、目の前に大きな山体で立ちはだかっています。 その右に、至仏山、そして燧ケ岳。右背後の白い穏やかな山容は、会津駒です。






黒檜山から日光方面の山々。かすみがかかっています。


 いったん落ち込んだスカイラインは、日光の山々へとまた高度を上げていきますが、 その途中に、鋭い三角の山頂部の四郎岳と、前山の背後に少しだけ山頂を見せている燕 巣山を見つけました。沢からたどった懐かしい山です。
 日光白根山は、とびきり高く、堂々としています。その右手前にぐいっと持ち上がっ た皇海山は、至近距離でもあり、頭をもたげた個性的な姿が強調されています。南に伸びる稜線は、 袈裟丸山の幾つもの突起を連ねており、その背後には、男体山、女峰山、大真名子・小 真名子山も見えました。

 南から西へ。
 奥秩父の黒いシルエットがわかります。富士山は、朝方には、うっすらと見えていた そうです。八ヶ岳と蓼科山は、肉眼では位置からそれとわかる程度。双眼鏡を使って稜線をた どることができました。浅間山、四阿山、志賀の山々も、かなりモヤがかかっていまし た。

 

 先着の登山者らがカメラの三脚をたたみながら、「今日は幾つの百名山が見えるんだ ろう」「14はあるな」などと話し合っていました。北ア、南ア、それに乗鞍や御岳ま で見えれば、44の深田百名山が見えるとも言われる赤城山です。遠望が利かなかった のは残念ですが、目の前に展開するこれだけの大山脈を望むことができたのですから、 初めての登頂ではまずは幸運のうちかもしれません。
 1時間あまりの山頂部の滞在で、この季節に防風ジャケットもいらないほどの、穏や かな天候でした。まるで5月の雪山のようです。







 帰路は、赤城山の祠がある場所から、眼下に広がる大沼、小沼、赤城連山を眺めて、 11時02分、下山開始。
 一気に登った雪道を、一気に下降します。視野の一部で眺めることができた大沼は見 る見る大きくなり、また、首を振らなければ全体が見渡せない大きさにもどりました。 ワカサギ釣りの色とりどりのテントと釣り人が、凍った湖面のあちこちにたくさん散ら ばっています。
 30分少しで登山口着。
 今度は厳寒の澄んだ空気の朝に、また山頂に立ちたい黒檜山でした。





山の便り、大地の恵み (野原森夫)
http://trace.kinokoyama.net  
関東の山 Index へ    HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000