好展望のヤセ尾根をたどって、秋の鳥甲山

2001年9月29日




 「秋山郷三山」というのが、もしあるのだとしたら、鳥甲山、苗場 山、佐武流山がそれにあたるでしょうか。深く切れこむ中津川をはさ んで、この3つの山が屹立し、どのピークから眺めても、残る2つの 山を立派な姿で間近に見ることができます。



鳥甲山。前年秋に、佐武流山に
登ったときに、南東側から見たもの。
白グラ尾根が正面左に見える


 3つの山のうち、最後に登り残した鳥甲山に、9月末に 登りました。

 コースは、切明側の登山道から尾根をたどり、白グラ、山頂をへ て、赤グラの尾根経由で屋敷の登山口へおりるルート。ヤセ尾根の道 は奥志賀の山々はもちろん、妙高、そして遠く北アの稜線を望める好 展望のルートでした。とくに、鹿島槍の左に、雪で輝いて見えた立山 は立派でした。野口五郎の右には、水晶岳の双耳峰を望遠レンズで確 認できました。

 時期がよくてきのこは登りでも下りでも多く、今シーズンの初物の クリタケをおみやげに持って帰りました。

 下山してから車をおいた駐車場まで、鳥甲山の中腹をたどる6キロ の林道歩きがありました。空はどんどん澄みわたり、周囲の山々は、 夕陽を浴びて陰影が強まり、美しい姿でした。この林道沿いでは、蕎 麦のつなぎに伝承されているオヤマボクチ(ヤマゴボウの一種)を探 しながら歩いたのですが、道のすぐそばに群生地を見つけ、種を入手 することができました。
 足にはこたえたものの、楽しみの多い帰り道になりました。

* ******************************
***

東京・西多摩の自宅(4時40分)車→圏央道・青梅インター(4時 55分)→関越道・塩沢石打インター(6時29分)→新潟県津南町 (6時50分通過)→秋山郷・切明の鳥甲山登山口(7時42分着、 車は7台停まっている。駐車場は以前より広げられ30台は置け る。)

切明登山口発(8時04分)→尾根に出る(8時36分、鉄製だが構 造は縄梯子状のゆらゆら揺れるハシゴ場がある)→途中、五竜岳が北 アの一番乗りで前景の鞍部越しに姿を現す→1553メートルの岩の 小ピーク(9時04分着、18分発。標高値はGPS。苗場山、佐武 流山、奥志賀の山々が見渡せる。広大な樹海。裏岩菅山に突き上げる 外ノ沢が長大で魅力的。尾根からは雪倉岳、白馬三山の眺め)→白グ ラのピーク(9時42分通過、樹林の中できのこが多い。クリタケ、 ナラタケ、スギヒラタケ)→足元がえぐられて木の根で支えているヤ セ尾根、左側も切れ落ちて松の木を抱いてへつる崩壊地あり。転倒は 命取りのヤセ尾根。槍ヶ岳・穂高連峰まで姿を現す。立山が白い→鳥 甲山山頂(11時09分着、同52分発。ここまで1パーティーを除 き先行者の全員を追い越す。妙高・火打側は樹林だが、樹木のかげに 姿が見える。冬期ルートの西尾根を確認。苗場山の右に谷川連峰の仙 ノ倉か平標山。左にも越後の山々が雲の中に見え隠れ。水晶岳、鷲羽 岳などを確認)→赤グラ尾根、尾根の左側の傾斜が緩い地形で稜線ま でブナの木が上がってきている。クリタケをたくさん見つける→樹林 の下降は電光形に整備しておらず、まっすぐ、急傾斜。滑る→屋敷登 山口・林道に下り立つ(14時15分)→切明登山口(15時25分 着)

切明登山口発(15時35分発)車→塩沢石打インター(17時09 分)→帰宅(19時05分)

* ****************************

 新潟県側の津南町から秋山郷に入って、屋敷の集落から鳥甲山の裾 に開かれた林道を走った。屋敷から6キロ。左に切明の集落へいたる 分岐を分けると、雑魚川林道の入り口となる。鳥甲山の登山口は、そ の分岐から100メートル足らずのところにあった。大きな案内板が あり、車を30台は停めることができる駐車場が新設されていた。
 先着の車は6台。連休の翌週の土曜日で、登山者は少なめのよう。

 8時04分、登山口を出発する。帰りは、林道を屋敷から歩いても どることを考えると、12時ごろには山頂に着きたいと思う。私の場 合は、歩くペースよりも、休む時間を減らし、できるかぎり休まない で歩きつづけることを心得にしているので、今日も、一定のペースを 保って登ることにする。
 道は、白グラノ頭に続く尾根に、横から取りつく形で高度を上げて いく。尾根までは、やや緩い坂が、ブナ混じりの林の中に続いてい た。

 30分ほどで、「白グラ尾根」に上がる。この尾根の末端はかなり の傾斜で雑魚川へと落ち込んでいる。天気は高曇り、ところどころ青 空ものぞく。一汗かいたので、シャツ1枚になって歩きだす。
 尾根は、ウルシやナナカマドが赤く染まり始め、秋の色になってい る。見上げると、200メートルほどの距離で先行するパーティーが 白い岩場にとりついている。登るほどに尾根はやせてきて、私もその 最初の岩場の下に出た。6メートルほどの鉄ハシゴが垂らしてある。 つかまってみたら、このハシゴは「縄ばしご」と同じ造りになってい て、上端が固定してあるだけ。ゆらゆらと揺れる。冬季には、簡単に 外してしまえるように、こんなハシゴをかけているのだろうか。
 不安定さを感じつつ、上まで登っていくと、ハシゴを固定していた 鉄製のクイは、引くと少しぐらつくような場所に打ち込んであり、怖 い感じだった。

 ハシゴ場からは、右側がすぱっと切れ落ちた地形が始まる。窓のよ うに開けた場所では、ぽっかりと下界の見晴らしが開け、ときにブッ シュで視界が失われるが、やぶの向こうが落ちたら止まらない崖であ ることには変わらない。転ぶのだけは気をつけよう、と思う。 (鳥甲山の秋山郷側は、東面岩壁と呼ばれる断崖になっている。幅2 000メートル、高度差500メートル。雪崩に磨かれたトイ状のス ラブで構成されるルンゼが、第1から第6まであり、なかでも第5ル ンゼの右俣の奥壁は高さ150メートル、上部は大オーバーハングに なっている。尾根筋の縦走でのちょっとしたつまずき、転倒は、命取 りになる。)



苗場山をふりかえる

 ひと登りで、小さな岩のピークに出る(9時04分)。GPSの高 度で1553メートル(地図読みでは1525メートル程度)。4、 5人が休める程度の広さで、振り返ると苗場山、佐武流山、そして烏 帽子岳や裏岩菅山が間近に見える。水分を補給し、おにぎりを食べ、 2個もってきた柿の1個めをかじった。登山口の標高は920メート ルほどだったので、この岩のテラスとの高度差は500メートル。1 時間でこれだけ上がるのは、かなりの急登だったことになる。

 小さなピークや高みに出ては、少し下降してまた登る。その途中、 左手前方に北アの五竜岳が手前の尾根と鞍部の彼方に姿を現した。登 るにつれて、鞍部から見える山は、鹿島槍、立山、そして針ノ木岳へ と移っていく。右の尾根越しに白馬三山が見えたと思ったら、今度は さきほどの鞍部越しに燕岳付近の平坦な稜線が姿を現すといった具合 で、なかなか北アの全体は見渡せない。白馬の右に雪倉岳まで見える 場所もあった。
 奥志賀の山では、烏帽子岳が大きく立派で、その右後ろに裏岩菅山 がある。2つの山から真下の雑魚川の谷へと、広大な樹海が広がって いる。樹海の中に鋭く食い込む谷筋は、遡行に2日かかる外ノ沢のも のである。奥志賀と秋山郷のあたりの山は、一山一山が大きく、高度 感があるだけでなく、山腹の樹海が大きいことも、一つの特徴だろ う。それだけに焼額山などのスキー場の傷痕はおしい。

 やせていた尾根が、幅が広い樹林の登りに変わると、白グラの頭 (1944メートル)に出た(10時06分)。ここは、クロベなど の針葉樹に囲まれた高みで、数メートル四方の山頂部はやぶの真ん 中。眺めは何もない。山頂では、2人が休んでいた。このあたりから 根曲がり竹の太いものが現れ始める。6月ごろはタケノコがとれるだ ろう。



クリタケ。白グラとカミソリ岩の間で。乾燥し
ていて、傘が裂けている。このあたりか
ら、きのこが多くなりました。


 そのまま通過すると、樹林の中の下降になった。道脇の木の根元に きのこがある。クリタケの乾燥しかけの株だった。クリタケは10月 のきのこで、クリタケ御飯は我が家の人気メニュー。写真に撮り、袋 を出して初物を摘んだ。クリタケが出始めれば、秋も半ばとなる。少 し先では、晩秋のきのこの一つ、ムキタケの幼菌も収穫できて、深ま りゆく秋を感じた。白いスギヒラタケも針葉樹の倒木にいっぱい生え ている。

 尾根が細まってくると、また北アの視界が開ける。標高を上げたの で、今度は鹿島槍から槍・穂高連峰まで、全体が前山の上に姿を見せ ている。
 道は、尾根がまた細くなってきて、注意箇所の「下のカミソリ岩」 と「上のカミソリ岩」にさしかかる。
 ここには、両側が急な傾斜で落ちている上に、足元の幅60センチ ほどの地面の下が右側から深くえぐられて、木の根だけで支えている 場所があった。崖下を除くと、ハングしていて、自分も尾根ごと宙に 浮いている。ずっと下に小さく集落が見えるところもあり、なかなか の高度感だった。
 岩場を避けて、いったん右にまくように下降。小さな地滑りで元の 道が使えず、大きくまいて、また尾根にもどるところもあった。

 この難所のなかで、雨の日はいやだろうな、と思ったのは、秋山郷 側も雑魚川の川も、両側が切れていて、とくに雑魚川の沢の源頭(鬼 沢)が土砂崩壊している場所。幅50センチほどの土の尾根が残って いるが、その真ん中で通せんぼするように松の木が立ち、地面の崩落 をを支えている。通過するには、その松の木を両手で抱いて、鬼沢源 頭へ体をふり、へつるように前方へ抜けていくことになる。
 松の木が倒壊したら、ルートをどうやって確保するのだろう。ここ らへんの難所は、時期が過ぎれば地形が変わって、また前とは違った 様相になるだろう。

カミソリ岩付近から、鳥甲山山頂方面 同じく、赤グラ尾根方面。

 山頂は近い。赤グラの源頭にガスがかかり始め、ガスが山頂まで上 がらないうちに着こうと、ピッチを上げる。
 最後の登りで、平均年齢65歳ほどの男性5人のパーティーを追い 抜いた。「赤グラ尾根」コースとの分岐のすぐ手前で、道はいった ん、尾根を離れて右手の広い斜面に出る。2度、3度と電光形を切っ ていく。沢の源頭のような湿った場所。夏は花が見られるだろうが、 残雪の時期には急な雪面になりそうだ。

 分岐点から数十メートルで、鳥甲山の山頂に到着した。11時09 分。所要3時間。予想よりもずいぶん早く着いてしまった。  50代後半くらいのご夫婦が、食事中だった。



 山頂は、畳6枚分ほどの広さがひらかれていて、周囲に樹林がある ものの、北アから奥志賀、佐武流山、苗場山方面を望むことができ る。西の樹林の背後を透かし見ると、妙高山から火打山、焼山、金山 も近くに望むことができた。
 鹿島槍の左肩に立山が、新雪で薄化粧したのか、白く光って見事に 眺められる。立山は、稜線だけでなく、御前沢の源頭あたりも、雪が 広い面積に残っているように見えた。残雪か、新雪なのか。
 鷲羽岳も肉眼でわかる。
 500ミリの望遠レンズでのぞくと、野口五郎岳の右に双耳峰の水 晶岳が一段高い位置に見えた。薬師岳が見つからない。  槍ケ岳は北鎌尾根も中段まで見える。



鳥甲山から、北アルプス遠望。写真のつなぎ目に不足分が一部あります。

 焼額山の右上方向にあるのは、根子岳と四阿山。志賀の笠ヶ岳、横 手山、岩菅山は見えるが背後は薄い雲の中だ。
 白砂山から佐武流山の方向。佐武流山は、去年秋にたどったワルサ 峰経由の刈り分け道の尾根を間近にみることができた。
 この佐武流山とともに立派に見えるのは、「秋山郷三山」(仮称) の苗場山。山頂部の台地の長大な緩斜面と、そこへ立ち上がる断崖状 の壁の地形。いまごろ、池塘と草原はどんな色に変わっているだろ う。ほんとうに個性的な山だ。
 苗場山のすぐ右奥の高度のある山は、谷川連峰の仙ノ倉山か。  苗場山の左には雲がまいているものの、越後の山々を望むことがで きた。日本海は雲で見えない。

 後の機会のために、山頂から西へ下がる冬季のツアースキー・ルー トを確認する。
 このルートは、奥志賀から雑魚川林道を下降して、サラサラ沢の西 の支尾根を上がって、鳥甲山西尾根に出る。非対称地形で西側が穏や かな地形になっている鳥甲山に、雪が安定した春に登ることができる 希少なルートになっている。

山頂下の分岐から、赤グラ尾根を見下ろす 途中でも多かったクリタケ


 11時52分、山頂を出発、下山にかかる。
 赤グラ尾根は、右側は相変わらず断崖が続くが、左はブナの樹林が 穏やかに上がってきている。前方、日本海方面は雲が出ているため、 右手の佐武流山と苗場山、ずっと下方の秋山郷のたたずまいを眺めつ つ、足をすすめていく。振り返れば、白グラ尾根の岩場がすごい。キ レットが何ヶ所かあり、あんなところを巻いたり、たどったりしてき たんだと思い知らされる。
 下降するこの尾根も、始まったばかりの木々の紅葉が、晴天の日差 しに映える。明るい印象のルートだ。まだ咲いているマツムシ草や、 咲き始めのリンドウを見つけた。

 赤グラの頭を、12時22分に通過。
 尾根が穏やかな地形になるところではブナの林の中に入り、クリタ ケがついた朽木をまた見つける。写真を撮りながら根元の周囲をさぐ ると、若く可愛らしいクリタケの株が幾つか見つかった。これで収穫 は十分、クリタケ御飯は確定だ。

 13時25分、尾根を離れて、樹林を下降する地点(1443メー トル)に出て、そこからは暗いブナの樹林の急な下降となる。
 この道は、普通なら斜面を電光形に切っていくようなところも、極 力、一直線に下降するようにつけられている。ときおり現れるきのこ や、紅葉の葉を眺めつつ、ゆっくり下りていくけれど、途中で左膝が 痛みだした。

 急下降の途中、枝越しに、屋敷の家並みが見える場所まできて、 「もう少しだ」と思ってからが、また長かった。おまけに、下部では 沢型の地形の湿ったところを、ここも一直線に下降していく。泥で滑 りやすい。
 膝ががくがくになりだしたところで、ようやく、トンネル脇の林道 に降り立った(14時15分)。この屋敷の登山口には、切明の登山 口と同じで登山計画書を入れる収容箱が設置してある。駐車場は見当 たらず、秋山林道の路肩に3台の車が停めてあった。

 切明登山口まで6キロのアスファルト道の移動。平地を歩きだす と、膝はなんともない。でもやはり、この長い道をただ歩くのは、も のすごく気が重い。
 楽しみの一つは、苗場山、佐武流山方面の眺め。そして要所で見上 げることができる鳥甲山の荒々しい姿。
 秋の斜め陽になってきて、青空を背景に苗場山の陰影が濃くなり、 照らされた山肌が赤く染まる。。あれは紅葉か、それとも夕陽の色 か。唄がほしい。今朝、関越道を走ってくる途中にラジオで聴いた 唄。
 「夕空晴れて、秋風吹き、月影落ちて、鈴虫鳴く………」(これで 歌詞はよかったでしたっけ?)
 「……思えば遠し、駐車場! ああ、わが愛車は、ちゃんと待って るか!!」
 だめだ、こりゃ。

 もう一つの楽しみは、ある植物の探索だ。
 それは、オヤマボクチ(山ゴボウの一種)という名前で、アザミに そっくりの花をつけ、背丈は人の丈を超す。オヤマボクチは、葉を摘 んで、繊維だけをとりだす処理をし、蕎麦粉100パーセントで蕎麦 を打つときに、ほんの少しを入れて「つなぎ」に使う。
 オヤマボクチの繊維は、繊細で、とろろ昆布のような色と感触があ る。これで蕎麦を打つと、繊維が細かく分散してびっくりするほどよ く伸び、蕎麦切り包丁でも技術がないとうまく切れないほど強靱なつ なぎとなる。
 オヤマボクチは、なかなか見つからなかった。でも、だいぶ切明が 近づいてきたところで、ついに群生しているのを発見できた。葉の特 徴が、先日、この伝承が残る蕎麦の里の飯山市富倉で教えていただい たもの、まさに、それだった。花が咲いている群生を見るのは、初め て。うれしくて、カメラに収める。種が出来はじめているものもあ り、それを少し分けていただいた。(同好の方がもしこの報告をご覧 になられたら、どうか種をとるだけで、現場は大事にしてくださ い。)

 70分の林道歩きののち、切明登山口に帰り着く(15時25 分)。
 去年10月後半の佐武流山往復のときは、林道ゲートに帰り着いた のが17時で、日没と同時。対岸の鳥甲山は夕映えのシルエットだっ た。今日は、ずっと早い。

 15時35分、車を走らせる。
 いったん中津川の谷へ下って切明の温泉地を横目に見、その先で国 道405号沿いの佐武流山登山口の林道ゲートを見た。4台が道路に 駐車していて、1台は帰り支度の最中。今年、この山へは、雑誌でツ アーが募集されるほど、登山者が増えている。道はだいぶ踏まれてき たろうか。
 その先、国道を4キロほど下ると、中津川の対岸に、鳥甲山の全貌 を眺めるポイントがある。逆光の時刻で、白グラ、赤グラの岩壁は、 もう色が不明瞭に変わってきていた。

************************

 見えた山を確認してみました。
 DANさんが、今年の2月のパノマガで鳥甲山からの展望(横手山 方面から越後駒方面まで)を作成されています。それと、北ア方面は 別にカシミールでチェックしました。
 西から南、東へと順に回ります。

    現場で    写真 カシミール
              (山頂から)
火打山 ○樹林越し  ○   ○
妙高山 ○ 同    ○   ◎
雨飾山 ×          未チェック
白馬岳 ○白グラ手前 写さず ◎(樹木の陰に)
五竜岳 ○ 同    ○   ◎
剣岳  ×      ?   ○(樹木の陰に)
立山  ○      ○   ◎
鹿島槍 ○      ○   ◎
薬師岳 赤牛と誤認  ○   ◎
水晶岳 ○      ○   ○
鷲羽岳 ○      ○   ◎
槍ケ岳 ○      ○   ◎
奥穂  ○      ○   ◎
常念岳 判別できず  ○   ○
四阿山 ○      写さず ○
横手山 ○      ○   ○
岩菅山 ○      ○   ◎
白砂山 ○      ○   ○
佐武流山○      ○   ○
皇海山 判別できず  ?   ◎
黒檜山 判別できず  ?   ◎
男体山 判別できず  ?   ○
奥白根山白グラ手前  微妙  ○
苗場山 ○      ○   ◎
至仏山 雲の中    ×   ◎
燧ケ岳 判別できず  ○   ◎
会津駒 判別できず  ○   ◎
巻機山 判別できず  ?   ◎
中ノ岳 ○      ○   ◎
越後駒 雲の中    ×   ◎

 越後方面が雲が出ていたのが、残念でした。
 鳥甲山は、周囲に山が多いものの、少し離れて独立峰になっている のと、北ア方面がちょうどよく開けているために、なかなか多くの ピークが望める山だと思います。
 古いガイドブックなどでは、山頂は樹林に囲まれて見晴らしがない かのように書いているものもありますが、最近、少し伐採の手が入っ たのでしょう。いまのところ、妙高・白馬の方角以外は、障害になり ませんでした。山頂に樹林が多い苗場山、佐武流山とくらべると、3 つの山では展望は一番と思います。





山の便り、大地の恵み (野原森夫)
http://trace.kinokoyama.net  
上信越 Index へ    HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000