燧ケ岳と、GPSナビで檜高山、オモジロ山

2003・5・2〜3





朝焼けの燧ケ岳。長蔵小屋から



ハンディGPSで記録した、今回のルート。
カシミール3Dで作成。国土地理院数値地図50メートルメッシュ標高 使用。


 5月2、3日の2日間、快晴の尾瀬に行ってきました。
 5月初めの尾瀬は3度目でした。残雪は尾瀬沼で1メートル余りあり、例年よりやや多 めでした。

 2日は大清水から入山し、まだ登っていなかった燧ケ岳に登りました。  3日には尾瀬沼の東にそびえる、檜高山(ひだかやま、1932m)へ登り、そのまま残雪の尾根を オモジロ山(1884m)へ縦走。周囲の展望を堪能して、冬路沢へ下降。大清水へ下山し ました。
 シリセード、スノシューとワカンでのやぶこぎミックスの縦走、スリップと踏みぬきが続 き、私もカミさんも、体があざだらけになりました。

 「山旅倶楽部」でダウンロードした地図に緯度経度をカシミール3Dで描きこみ、今回も携 行しました。ハンディGPSとこの地図は、とくに2日目の夏道のない薮山の踏破で、頼りに なりました。
 要所で現在地確認ができ、GPSの良さを認めた妻でした。けれど、「ヤブの位置が表示さ れないのでは、GPSもまだまだね」と言います。カシミール3Dに、残雪量表示機能がついた けれど、ヤブのデータは無理だな…。

**************************

2日 東京・西端の自宅(3時56分発)車→大清水(6時58分着、7時28分発)→一ノ瀬(8時 24分)→三平峠下の電光形の登り取付(9時02分)→三平峠→長蔵小屋(10時40分着、同 55分発)→アザミ湿原脇の分岐(11時07分)→燧ケ岳・俎グラ(14時25分着、同32分発)→長蔵小 屋(16時15分)泊

3日 長蔵小屋(8時03分)→檜高山(9時13分着、同30分発)→早稲沢源頭トラバース (10時32分)→1900mの双子峰の東尾根の台地・標高1840m(11時02分)→オモジロ 山(11時25分着、47分発)→冬路沢に下りる・登山道合流(13時37分)→一ノ瀬(14時00) →大清水(14時55分着、15時15分発)車→途中、片品温泉で汗を流す→都内の自宅(18時 45分着)

*****************************

5月2日

 大清水から一ノ瀬へ向かう林道では、右の頬に強い日差しをかっかと浴びながら歩きまし た。林道上だけは融雪剤などがまかれたのか、雪は消えています。一ノ瀬が近づくと、道の 両側には高さが60センチほどの雪の壁が残るようになりました。



キクザキイチゲ

 振り返ると、一昨年登った燕巣山と四郎岳が立派にそびえ、その真ん中に一段高く、日光 白根山が頭を出しています。雪が消えた地面にはキクザキイチゲやフキノトウが現れ、木の枝 には薄緑の芽もちらほら。沢は雪融け水でゴウゴウたる勢いです。周囲の眺めに目をやりな がら小1時間で、一ノ瀬に着きました。

 一ノ瀬からの登山道は、積雪60〜100センチ。ブナ林に入ると深い残雪が残り、大木の根 元の雪開けの深い穴はストックがみな隠れるほどです。今日は雪が締まり、夏道はごく一部し か見えません。
 三平峠の直下に、水場のある休み場があり、西に皿伏山から白尾山の尾根、東にオモジロ 山の山腹が見渡せます。明日(3日)の下山ルートをどちらにするか、このときはまだ、決めて いませんでした。どちらもヤブは少なく、下降に使って、大丈夫なようです。オモジロ山の側は、南 西面はヤブが出始めています。冬路沢に面した西、北西面なら雪面をひろって下れそうです。



 三平峠で、久しぶりの燧ケ岳にご対面。用意してきた大型のポリ袋を取りだし、尾瀬沼方向へ シリセードで下りました。尾瀬沼に春を告げる「赤シボ」と、雪割れは、まだごく一部です。

 長蔵小屋にあいさつして、11時少し前に、燧ケ岳のピストンへ出発。夕方6時までに帰らないと 夕食が終わってしまうとのことで、スローペースを気にしながら登りました。
 アザミ湿原の入江の手前の尾根で、長英新道が始まります。冬ルートの目印は、針葉樹の幹 に赤いペンキで表示されて、それをたどりながら登っていきます。GPSでチェックすると、この冬 ルートは夏道よりも西側をすすんでいます。

 山頂へ続く県境(福島・群馬)の尾根に出ると、会津駒ヶ岳がゆったりとした大きな姿を現しまし た。
 標高1950メートルあたりからは傾斜が増し、樹木がまばらな雪面をキックステップで登ります。こ こは帰りがシリセードで楽しめそう。驚いたことに、こんな高さに、雪に埋もれて枝先を出したコシ アブラがありました。疲れが出てきて、時間ばかり食います。



 ミノブチ岳は山頂部の一角で、南に張り出した尾根の高みです。登山者の踏み跡は、その東側 の雪面をトラバースしていきます。夏道は、ミノブチ岳に上がって、尾根筋を上がるように地図にあ ります。
 硫黄沢の広い源頭部が目の前に開け、燧ケ岳の山頂部が間近に望めます。傾斜がやや大きな 広い雪面は、遅くまで残雪が残るか、あるいは雪崩で雪が動くからでしょう。長蔵小屋では、数日 前と昨晩に降雪があったと聞いてきました。雪の表層のすぐ下に、固い古い雪面があります。気温 が高すぎるため、この斜面のトラバースを嫌って、尾根筋に上がり、山頂へすすみました。

 下半身にかなり疲れが来て、先ほどからペースががくんと落ちました。ナデッ窪への下降路との 分岐付近で、ザックをデポ。カメラと携行食などだけを持ち、俎グラへの登りにかかりました。夏道 がすべて雪に埋まっているとばかり思ってきたので、山頂への尾根の右脇、硫黄沢側をピッケル とアイゼンで登りました。かなり上部に行って振り返ると、尾根の西よりに夏道が大半を露出させ ています。これならアイゼンは不用でした。
 双耳峰で10メートル高いの柴安グラは、ほぼ全体が真っ白に残雪に包まれ、東面の傾斜のあ る雪面(夏道ルート)を10人ほどのパーティーがザイル確保で下降中でした。



 俎グラのピークに14時25分着。時間を食いすぎて、あまり時間をおかずに下降にかからなけ ればなりません。18時までに小屋の食堂に入らないと、飯がなくなります。とりあえず、撮影と見 える山の確認です。
 気温が高い日の午後だけに、遠景はモヤに隠れています。
 東に帝釈山、南東の尾瀬沼の向こうに女峰山、男体山、日光白根山。手前には燕巣山と四郎 岳がここからも見えています。大薙沢を登ったときに、一番のナメと滝の核心部でV字谷の向こう に燧ケ岳が良い目印になりました。四郎峠に続くその沢筋は細く白い谷となっています。

 武尊山は太陽の下でかすんでいます。遠景はみな隠れています。
 至仏山の右に谷川連峰北部。
 柴安グラで巻機山は陰になっています。

 順光を受ける北の山々は、輪郭が見て取れます。
 中ノ岳、越後駒の2つは大きな山です。手前に平ヶ岳、荒沢岳。
 かすんで守門山、鬼ヶ面山、浅草岳。
 飯豊方面は空に溶けこんで見えません。会津朝日岳と、手前に大きく会津駒。



会津駒ヶ岳


 視程は数十キロ以内の範囲ですが、雪山の展望を味わうことができました。

 下りは速い。ミノブチ岳からは走るように雪の斜面を下降しました。長いシリセードで、傾斜がきつ くて止まらなくなると、体をうつぶせに反転させて、停止。ヨメさんは、先行する東京農大パーティー のまん前でこの停止を決めて、受けていました。私は2回も、木の幹の周囲にできた雪のタテ穴に 落ちました。

 2時間かからず長蔵小屋へ帰りつきました。夕ご飯に間に合いました。石鹸は使用禁止ながら、お風呂に入る時 間もありました。
 客は18人。夜はすごい星空。

 5月3日
 連休本番で、今日は小屋に予約だけで90人が予定されています。
 平野太郎さんと2歳の男の子にバイバイして、8時出発。  尾瀬沼の東にそびえる檜高山へ向かいます。この時期にしか登れない山。山頂から、どんな眺 めが待っているでしょうか。
 小淵沢田代へ向かう夏道と思われる方向を左に見送り、針葉樹の雪の上を、背後にときどき姿 をあらわす燧ケ岳の方角を目安に、高度を上げていきます。シカの足跡が目立ち、タメ糞の場所も ありました。

 標高1850メートルあたりで、斜面の傾斜がぐんときつくなりました。見上げると梢越しに、山頂 部の輪郭がわかるようになってきました。振り向くと、白樺の枝の向こうに、燧ケ岳、景鶴山と、白い 尾瀬沼が見え隠れしています。



檜高山の山頂。日光方面を背に

 ツメで少し南に寄りすぎて、方角を修正しながら檜の高山のピークに登り付きました。
 山頂の東面は、切れ落ちるような急な雪面で、奥日光方面の視界が開けます。日光白根山が間近 です。帝釈連山も今日はよく見えます。片品川の上流部の分水嶺となる黒岩山、鬼怒沼山、物見 山、燕巣山、四郎岳。奥深い山々が目の前に広がりました。
 なんて気持ちがいいピークでしょう。
 尾瀬沼方面は、ダケカンバの枝越しに白い山々が透かし見えます。葉が茂る時期は、この方角は 眺めは無理のよう。



残雪の稜線をいく

 私たちは、このピークから、残雪の稜線を南へと縦走しました。もちろん、いい斜面ではシリセードを 堪能しました。
 尾根筋は針葉樹の背丈が低く、ダケカンバやヤエガワカンバも混じり、鞍部の地形を除けば、両側 にずっと眺めが得られます。
 平ヶ岳や至仏山が真っ白。
 早稲沢の源頭を横切るあたりでは、V字谷の向こうに燧ケ岳が、ぽっかり姿を現します。誰もいない 稜線で、この景色は、今この場所にいる者だけのものです。

 三平峠の南東に位置する双耳の峰に、その反対側から今度は登り返します。
 目標は、オモジロ山の展望地点。尾瀬沼をとりまく山々の南端にあるこの山は、携行した17年前の 昭文社の地図には、「富士山、南ア、八ヶ岳、中ア、日光連山などの眺めがよい」と記されています。
 樹木は当時より育っているでしょう。はたして、どんな山なのか。

 「ここかな」という場所がありました。稜線の途中に小さなの雪の台地があり、東から南方向の展望が 開けています。GPSで確認すると、ここはオモジロ山より150メートルほど北の場所でした。


 尾根のちょっとした高みを探して、さらに南下。いったん緩く落ちた尾根がわずかに高度を上げた場所 がありました。  そこは4畳半ほどの狭い雪の空き地でした。GPSは、ここがオモジロ山と指示しています。南にはダケ カンバなどが枝を伸ばし、眺めは透かし見るだけです。南東から東の方角だけが、眺めが得られる場所 でした。
 雪の下には三角点があるはずです。周囲2キロ圏内で、三角点があるのはここだけです。オモジロ山 は、大清水からは、まるで立派な一つの山のように見上げることができます。



オモジロ山の雪の小山

 それでも目的地にやってきた達成感がありました。おにぎりの弁当を広げ、下降への腹ごしらえです。こ こから先が、今度の山行で一番、困難と思われる場所にさしかかります。

 11時40分すぎ、下降開始。
 尾根を100メートルほど進んで、右手に沢型を一つ見送ってから、右に折れて尾根を拾っていけば、 一ノ瀬へ降り立つことができます。けれど、尾根の右側は地形に特徴がなく、80メートルほど行きすぎ てから下り始めました。GPSで位置確認し、逆に北へトラバースしながら樹木混じりの雪面を下ります。傾 斜がある笹原の上に雪がのっている場所は、雪が不安定なので、下りやすくとも敬遠しつつ、ルートを選 びました。

 気温が上がって、ツボ足です。目的の尾根を下降し、傾斜が緩くなったところで、私はワカン、妻はス ノーシューを着けました。どちらも大きな爪がついていて、ずっと歩きやすくなります。雪が多いと聞い て、縦走の途中で使うことを考えてきたのですが、尾根の下降に入ってからようやくコレラの装備の出番 となりました。
 雪が一時的に切れたところも、装着したままでヤブを漕いで行きます。

 平坦な尾根が、またやや急な斜面に変わりました。ワカンはけりこめるのでいいのですが、スノーシュー は底面が大きいので、ツメだけで雪に立ちこむことを強いられます。表面がシャーベット状で流れるので、 支えが効きません。2度、滑り落ち、妻はスノーシューを外してツボ足にもどりました。2人とも10回ずつ は転んだでしょう。何度も笹や枝にしがみつき、腕はひっかき傷、足は打ち身だらけです。
 ヤブコギを避けて、尾根の北東側斜面の残雪を拾いつつ、下りて行きました。

 沢音が大きくなってくると、急斜面の100メートルほど下に、冬路沢が見えてきました。もうすぐです。沢 の対岸の登山道を登山者が行き来しています。

 沢のすぐ手前、雪が割れた地面に鮮やかな黄色のフキノトウが群生していました。斜度が緩くなり、妻は またスノーシューに切り替えます。ツボ足は、とにかく体力を消耗します。
 冬路沢に降り立ち、登山道の対岸のブナの緩やかな斜面を下りて、ようやく沢を渡る木の橋に出ました。 登山道が対岸から、こちらへ渡ってきます。昨日の朝は締まっていた登山道の雪も、今日はグズグズに融 けはじめていました。長蔵小屋から、合計5時間半のGPSワンデリングの終了です。あちこち痛いけれど、 終わってしまえば充実感だけが残ります。楽しいルートでした。
 登山者は昨日の数倍の数。沢水の水量は大雨の後のようです。

 大清水に15時前に着。源泉47度いう看板に惹かれて、片品温泉の、うめや、という宿で一風呂あびて、 帰京しました。

 



山の便り、大地の恵み (野原森夫)
http://trace.kinokoyama.net  
上信越 Index へ    HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000