根子岳へスキーツアー。雪雲の中でした

2003年1月12日 
2人パーティー



(根子岳については、2000年12月の記録も合わせてごらんください。)

 日帰りで、菅平から根子岳の避難小屋まで行ってきました。 天気予報では、「北陸や長野北部は雪、午後移行に晴天」でした。都合で 今日の予定しかとれなかったため、運良く晴れてくれれば、と思ってでか けました。
 出発が遅れたうえに、関越道は、スキーに行く車で渋滞し、菅平・奥ダ ボスのスキー場には10時前着。途中の上信越道では、浅間山から湯の丸 山、四阿山、そして根子岳まで、みな雪雲の中でした。菅平も小雪が舞っ ています。

 10時30分すぎに出発。リフトで、1560メートルの終点へ上がり ました。
 11時05分発。視界は30メートルくらい。完全に雪雲の中に入り込 み、濃霧のような中を登り始めました。根子岳へ来て、北ア、妙高はおろ か、視界がまったくないのでは、何をしに来たのか、と思われそう。こう なったら、今季の初スキーを楽しむとしか、いいようがありません。今回 は、同行した妻に北アの大展望を見せてあげるのが、目的の一つでした が、残念な天気になってしまいました。

リフト終点の上部に開けた雪原状の尾根を行く 尾根が狭まりだすと、ときどき傾斜がある登りが現れる

 2年前に、やはりスキーで根子岳に登ったときの「トラックログ」上の ポイントから、標高差50メートルごとに1つずつ、「ウェイポイント」 をGPS12に記録してきました。地形も、おおよそは、頭に入っていま す。雪原状の場所が最初にある根子岳の地形で、GPSの支援がなかった ら、こんな天気ではとても行動を起こす気がしません。

 リフト終点から、最初の1キロほどはほとんど平らな雪原が続き、目標 がありませんが、この丸みのある緩やかな尾根の右手よりをたどっていけ ば、じきに、右手に沢への急な段差が現れて、尾根が少し、細まってくる はずです。

 緩やかな斜面がやや傾斜を増し、尾根らしい地形になってくるあたり で、右手の沢側で風を避けられる場所で、昼ごはん。視界は100メート ルくらいまで見渡せる瞬間も出てきました。空が明るくなり、風も弱く、 ゆっくりと天気は回復しているようです。GPSのウェイポイントは、ばっ ちり位置を教えてくれています。なんとか、避難小屋までは、行きたいも のです。

 そこからは左手からダボススキー場からのツアールートが合流してき て、20メートルごとに標識が上方へと立てられています。2年前のとき よりも大き目の、わかりやすい標識です。
 先日のヘリの横転事故いらい、根子岳山頂下へ上がるヘリスキーは中止に なっています。でも数日前に小さな圧雪車が入ったらしく、尾根上のルー トの雪は一部、平らに踏まれていました。
 尾根の傾斜は少しずつ、増してきました。

 少し急な雪面の2ヶ所ほどは、キックターンをして斜めに登りました。 妻の靴は最近、新品で、足にまだうまく合わず、足首が痛いといって、い つもの調子が出ません。
 空はますます明るくなり、雪面がまぶしく感じるようになりました。

 標高1792メートルの避難小屋に12時30分すぎに着きました。か まぼこ型の黄色の屋根、ブロック造りです。
 途中から、ここを今日の引き返し点と決めてきたので、中で休むことに しました。
 入るのは初めて。巻き取りシャッター状の入り口を開けると、中に3人 の男性が休んでいました。みんな単独行。ほかに、山頂に向かったらしい 3人のシュラフやザックがデポしてありました。
 土間には、だるまストーブがあり、わずかな薪で、暖をとれるように なっています。今日、ここで泊まって、明日、快晴の山頂に上がれるな ら、すばらしいことになるでしょう。

 20分ほど休んで外にもどると、山頂に伸びる右手の尾根がかなり上部 まで見渡せます。空には青空も見えます。小屋から少し上の高台まで上が り、そこでシールを外しました。

 13時05分、滑り出しました。
 前回は大晦日の時期だったので、積雪は70センチほどしかなく、藪や 落とし穴がいっぱいあり、おまけに圧雪車の深いわだちが、滑走ルートを 土手のようにじゃましていて、たいへんな苦労をさせられました。
 今日は、雪質がよくて、しかも尾根の中段以下からは傾斜も緩く、無難 に楽しみながら、スキー場へと下降しました。13時32分、奥ダボス キー場の駐車場に戻りました。

 上信越道のインターへと下る途中、青空に四阿山と、そしてまだ雪雲が 山頂部をとりまいている根子岳が望めました。調子は上々だったのです が、まあ、こういう山行きもあるでしょう。
 北ア方面は、2時すぎに高速にあがっても、まだ濃いかすみの彼方で、 おぼろげでした。八ヶ岳は、午後、晴れてきていました。関越道に近づい て、ようやく、日光方面や赤城、榛名の山々を望むことができました。

 根子岳は、スキーで登るには最適の山だと、改めて感じさせられまし た。





山の便り、大地の恵み (野原森夫)
http://trace.kinokoyama.net  
上信越 Index へ    HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000