鬼無里村・奥裾花渓谷 キャンプと西山登山

1989年5月3〜5日  家族4人






ブナ林を登る

 国道を北上して、神城から鬼無里方面への近道に入る。蕎麦粒山を乗り越す峠への登り にかかると、車が何台か止まって、みんなカメラを構えていた。窓からは真っ白な北アルプ スが目の前に展開している。白馬から、五竜、鹿島槍にかけての迫力のパノラマ。車を止 めて、朝日に照らされ、次第に明るくなっていく山々に見とれた。

 カラマツやブナ、雑木の林を縫って走るこの道は、芽吹きはこれから。北信濃の春は遅 い。トンネルを抜け、小川村をかすめて鬼無里村に入ったところにV字型のいい谷があり、 コゴミや竹の子(ネマガリダケ)をとる。コゴミは、裾花川沿いの山道に入ってからも、いくら でも採れた。

 ダムを越し、谷がV字型になって車道のすぐ上に雪崩に磨かれた大スラブがあるような 怖い場所を抜ける。道の脇には残雪が目立ち始めた。
 午前8時ごろ、標高1100メートル少しの「奥裾花キャンプ場」に着く。立川市から285 キロメートル。何度か仮眠しつつ夜通し走ってきたので、テントを張ってすぐに朝寝。岳彦 (6歳)は雪が珍しくてとても眠っていられないのか、そりとスコップを持ち出してすぐに雪 遊びを始めた。

 10時前に起き出して、展望がいいうちにと、中西山の稜線の高台をめざして出発する (10時54分)。歩き出してびっくりした。いつのまにか駐車場は車でいっぱい。観光バス もつぎつぎに到着し、奥の自然園への道は人の行列になっている。みんなミズバショウ が目当てらしい。ミズバショウなら、途中の車道脇の小さな湿地にもいくらもあったのに。
 行列を離れ、夏道がすっかり残雪で埋まった登山道に入って、ようやく静けさを取り戻 した。

 空は青い。ブナの幹は明るく輝き、期待していた雪もいっぱいだ。積雪は1メートルくら いか。気分最高で春のブナ林に分け入る。
 遥子、岳彦、背中の峻二(3歳)、みな元気で、寝不足の私だけが不調。雪面をひとし きり登って、はっきりした尾根筋に出たところで、峻ニが「自分で歩く」と言い出し、背中 のキャリアから下ろした。
 中西山(1740メートル)へ向かうこの尾根は、上部で急傾斜の雪の壁になっており、こ の尾根をそのままはたどれない。ルートを稜線下の雪の壁がなだらかなところに見定め て、トラバース気味に登っていく。キックステップでしっかりした足場をつくり、その足型に 岳彦、峻二の順でうまく足をのせる。「雪の階段みたいだ」などと言いつつ、少しずつ高 度をかせぐ。子どもたちは、トトロの行進曲を歌って元気だ。

 正面の雪の壁には苦労させられるが、斜面がほどほどに緩い、滑っても安心なところ をえらんで、さらに回り込んだ。それでも、稜線の直下では、いちだんと傾斜が増す。峻二は ここで再び背負子の中へ。一番、緩いところから斜面を直登して、元気がいい遥子、 岳彦、そして私の順で西山の稜線に飛び出した。(14時20分)


西山の稜線から妙高・火打(右後方)、雨飾山(左)方面

 すごい展望だ。いつか登りたいと思ってきた雨飾山も、そして越後側の妙高の山々も見 える。北アルプスは、朝日、雪倉、そして白馬から鹿島槍まで、ずーと主脈が連なってい る。ここに来るまで、背後で切り立った山容を見せていた戸隠西山、高妻山も、この稜線 から対座すると、谷を深く落としてすばらしい高度感だ。
 チョコレートとおいしい水で、体を休める。ここは標高1580メートルくらいのよう。

 下降は、下のブナ林のなかへ、ほぼまっすぐに下りることにした。とっかかりの雪の斜 面は、きついところは10メートルほどなので、ここだけは慎重に下る。その下は、緩い雪 面と滑り止めのブッシュが続いている。
 峻二を背負って、ちょっと足をスリップしてしまい、腹ばいで滑り落ちた。両手両足で制 動をかけて、1,2メートルで止まる。
 15メートルほど下がって、緩い足場のいいところへ立ち、岳彦が下りる番。途中からシ リセードをさせて、私の体で止めた。今度は遥子。シュー、ドシン。



 あとは傾斜が緩くなり、かかとのキックステップでぐんぐん下降する。岳彦はいったんシ リセードを覚えると、夢中になって、滑ってくる。シリセードではスピードが出ないところま できて、今度はそりを下ろして、長い滑降を楽しんだ。

 途中、雪原で、遥子たちが灰色の野ウサギを見つけた。さらに下って小さな沢に出る。 湿原が点在しており、人気のないこの場所で、ミズバショウがひっそりと咲いていた。最 後は沢をスノーブリッジで渡って、自然園の管理小屋に出た(15時30分)。

 夕ご飯は、今朝方摘んできたコゴミ、フキとキャンプ場で採ったフキノトウなどを合わせ て天ぷらに。マーボ豆腐も作り、ビールと水割りがうまかった。
 日中の喧騒がうそなくらい、周辺は静まり返り、裾花川の沢音が大きく響いてくる。
 ぐっと冷えてくると、小枝を拾い集めて、たき火。息子たちにとっては、初体験のことで、 あたりから一生懸命になって枝を拾ってくる。「あったかいね」。今朝とった竹の子を蒸し 焼きにして、ふうふういって皮をむき、岳彦と食べる。水割りがうまい。遥子と峻二は、先 に眠り込んでしまった。





山の便り、大地の恵み (野原森夫)
http://trace.kinokoyama.net  
上信越 Index へ    HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000