四阿山スキーと北アの展望

1999年3月6日


山頂にて。祠は、この雪山の背後(北側)に隠れています

 四阿山は、信越国境の山並のなかで、すっきりと尖った山頂を 見せる山だ。展望がすばらしいだけでなく、 ツアー・スキーに好適なスロープが続くとあって、 いつか登りたいと思っていたところ。

 雪が少なかったシーズンが終わりに近づいた99年3月初め、 山の友人の一人から、「四阿山 の雪が少ない。この暖かさが続いたら、あと10日もしたら、スキーは使えな くなる」といわれて、さっそく出かけることに決めた。 信越国境の山は、今度の四阿山が初めてだったが、北アルプスの全山が眺められる 展望が期待できる。はたして、天気はどうだろうか。

 登山口のあづまや高原ホテルには、東京 の自宅から走行202キロ、やや高速が混んで2時 間半で到着した。登山者の車が6,7台は来ている様子で、先発していくパー ティーもいる。

 9時01分発。前日の高温で雪面が解け、しまっているた め、最初はスキーはかついで菅平牧場の柵にそって登った。ふり返ると、 北アルプスの全体がくっきりと望め、正面の鹿島槍、五竜、そして白馬三山が とくに立派だ。妙高は雲の中だが、本当は四阿山も今日は雪雲がかかるか もと心配してきたくらいなので、まずは我慢。ときどき強い西風が吹きつけるが、 空は怖いくらいの濃い青色だ。

 標高1800メートルに風よけの岩が あり、風下で4張りが幕営中だった。ここからスキーをはいて、段丘状に高度 を上げる雪面に挑んだ。ここまでもそうでしたが、登るごとに背後の稜 線、山並みが見え出していく北アを数え切れないくらい振り返り、眺め、また わくわくして高度をかせいだ。

 右から夏道を合わせ、上部で根子岳からの尾根が合流すると、頂上(235 4メートル)はすぐ。スキーがなかなか上達しない自分には、最後の急な雪面は 降りるのが無理なので、ツボ足で登った。




剣岳と鹿島槍ヶ岳方面

 13時15分、四阿山山頂着。

 「うわっ、これはすごい」。いつのまにか、 頚城の山々から雲がかき消えて、妙高から火打山、金山が全貌を現していた。 ずいぶん近い。戸隠も岩場がくっきり。85ミリのレンズでも半分くらいしか収められない。志 賀高原の山やまは、目の前に大きく展開して、右手奥に上越の谷川連峰の南部 あたりが見えている。その右手手前にある白い大きな山塊は武尊山だろうか。 さらに東寄りに特徴的な頂の日光白根山と皇海山も見えた。

 北アは妙 高とは逆で急にコントラストが落ち始めている。鹿島槍のすぐ左肩に剣岳が上 部を現している。台形状の立山の右奥には一番、真っ白で丸い形の大日連峰 らしき姿?も。薬師岳も見え、なんと、心の中でもしかしたらと思っていた水 晶から赤牛の稜線も、あった。水晶は、前の野口五郎、三ツ岳がけっこう標高が あるので、無理かなと思っていた。でも赤岳から稜線をたどって、水 晶、赤牛とたどれたので、見たいという気持ちのなせるいたずらではないと思 う。

 カシミールの画像から、自分なりに期待していたのが、富士山だった。金峰山 の上に大きな姿を現してくれるはずだったが、奥秩父の方角はモヤがひどく て、確認できない。南ア方面もモヤがあって、判別できなかった。 御嶽山だけは、乗鞍岳の奥で、モヤの中に浮かんでいた。

 四阿山は、関東と甲信越のほとんどの山を望める展望の山ということだけで も、名山だなあと思う。

 下降は、悲惨だった。登るときから不安だった。南面だけに雪が少な くて、あちこちブッシュや石まで出ていて、私のスキーの腕では、うまくよけ ながらコースどりすることは、大変なことだった。そのうえ雪質も腐って足をとられ る。何度も転び、他のパーティーの2倍ほども時間をかけて、それでもとこ ろどころは飛ばして、登山口にたどりついた。





山の便り、大地の恵み (野原森夫)
http://trace.kinokoyama.net  
上信越 Index へ    HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000