無意根山スキー登山

1975年12月23〜24日
野原森夫、吾妻学農


23日 札幌(12:30)バス→定山渓(13:35〜13:45)バス→薄別登山口(13:55〜14:25) →電光坂の取付き(16:40)→無意根尻小屋(18:15)
24日 小屋(7:40)→無意根山(9:55〜10:25)→小屋(12:15〜14:20)→電光坂下 (15:00)→薄別(15:55)→定山渓(17:10)バス→札幌





無意根山の山頂で、吾妻君(左)と。1975年12月


 スキーはゲレンデでは滑ったこともなく、10日前に空沼岳へ出かけたのが初体験。そんな 経験のまま無意根山へ向かった。

 板は、寮のなかで見付けた木製のゲレンデ・スキーを廃物利用し、絞め具はあまり聞い たことのない国産メーカーが作った「和製ジルベレッタ」。ワイヤーで絞め、かかとがちゃん と上がるものだが、耐久性に難があり、後で春香山でえらい目にあうことになった。

 23日午後、今日は無意根の小屋までという気楽な気分で、薄別登山口でバスを下りた。 林道をスキーでゆっくり登高する。と、上から札幌の労山のパーティーが軽快にスキーに乗って 滑降してきた。このあたりでは積雪は30センチほどしかないし、そのトレースを使って、ピッチをあげ て小屋をめざす。

 途中、電光坂の登りで日没となり、積雪が1メートルを超した薄暗い中を、スノーブリッジ を一つ越して、夕暮れの無意根尻小屋に着いた。小屋の大きな薪ストーブがありがたい。

 24日、朝はゆっくり小屋を出発。積雪は小屋付近で130センチくらいか。本来はシャン ツェの尾根を左からまいて、尾根に取付き、稜線をめざすのがスキーのコースだが、われ われはルートに不慣れで夏道を途中まで登った。傾斜が増してくると雪崩が怖いので、早 めに尾根へ直上する。2度とこのルートは冬には使いたくない。(小屋からいったんシャンツェ の尾根を南東からまいて、尾根の南から上がるのが正規のルートと後で知った。)

 尾根に出ると積雪はとても深くて、雪が粉雪で、ラッセルが重かった。新雪がのった 上に、われわれが新しいトレースをつけていく。稜線まで上がると、 表面が固くしまり、シュカブラにおおわれた雪原となる。雪が飛ばされてくるが、視界はあ る。ほどほどに強い風が西側から吹き付けてくる。



シャンツェの尾根を登り、稜線の大斜面を上に見て

 山頂からは、今回3度目の登頂で、初めて後方羊蹄山が見えた。小樽から積丹、岩内へと連 なる海岸線も、くっきりと見えた。



山頂を後に、まず広い稜線を下降。西に後方羊蹄山が見え隠れしていた


 さて、問題の下降だ。固くデコボコした頂上稜線の下降は、風で斜面に段差が多く、雪面が硬軟不連続で 足をとられる。おっかなびっくり、緩いスピードで稜線にそって移動する。
 そしていよいよシャンツェの尾根への下降。粉雪の膨大な堆積の斜面にまっす ぐ突っ込んで行く。柔らかく、深い雪に、膝まで雪に埋まってしまう。脚をボーゲン風に開いているので、スピード はほどほどだが、脚を並べるとぐんと加速し、片足だけが雪の深みに沈んだと思った瞬間、 バランスを崩して転倒した。吾妻君はと見ると、前方で彼が転んだと思ったら、完全に雪の中 に体が埋まって姿が見えない。以後、互いの転び方を笑いあったり、吾妻君の豪快な滑りに 感心したり……。



無意根山のシャンツェの下段の下降。前方に定山渓天狗山。1975年12月


 

 尾根の中途まで下降して見まわしたら、定山渓天狗岳が青い空に映えて、なかなかの眺めだった。 尾根は途中から細くなり、傾斜も出てくる。

 途中から、なんとかボーゲンをマスターできて、転ぶのだけは避けながらゆっくり楽しんで 下降。こんどは、尾根の末端の冬コースをたどって、小屋へと戻った。

 昼ご飯を食べ、長く休んで、薄別へ4キロメートル余りの下降。キタキツネが電光坂でお菓 子をねだってきた。



電光坂を下降。これは2年後のツアーで

 林道に出ても、まだ3キロ近い林道滑降が待っている。ここではカーブでだけボーゲンで制 動をかけながら、スピード感も味わいつつ、一度も転ばずに薄別の国道までたどりついた。

 シャンツェの尾根の、あのふわふわと柔らかい雪の中での、どんな滑降で転んでもちっとも 痛くない滑りと転倒が忘れられない登山となった。



(その後、無意根山にはスキーで何度か滑りにいった。朝日を浴びたシャンツェの尾根にとり つくときの、うれしい気持ち。太い薪が暖かく燃える小屋。頂上稜線の烈風とシュカブラ。この 山は、スキーで訪れてこそ、楽しめる山と思う。)



夕暮れのなか、小屋の手前の、スノーブリッジを行く水戸君。これも2年後の山行で




http://trace.kinokoyama.net  
北海道の山 Index へ    HomePage の TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫