ナラタケ――ボリボリ
1999・9




 ナラタケの写真を、アップします。北海道ではボリボリ、秋田県では「サ ワモダシ」。



 最初のは、丹沢の沢筋の倒木に生え出したもの。丹沢では、なか なかお目にかかれないような、群生でした。



 次は、富士山の5合目(スバルライン)の、車道から50メートルばかり 上がった場所の、白樺の木に生え出していた幼菌です。あたりは、地面から もたくさんのナラタケが生えていました。根に菌糸が入りこんでいたようで す。



 3番目は、昨秋、奥利根・ブナの山で撮影したもので、3本の朽木、倒木にナラタケ がとりついて、そこらじゅう、ナラタケだらけの様相でした。




 上の2枚は、ナラタケモドキという、ちょっと似たきのこ。ブナの山で、一帯を まるでインベーダーのように占領・侵略していました。

 ナラタケはおいしいけれども、樹木にとっては大敵です。
 煮物など、いろいろな料理にあいます。きのこ汁にも、きのこ蕎麦にも欠かせません。



 ナラタケとムキタケでスパゲティを作ってみました。これもいけました。




きのこ フィールド Index へ


菌界に分け入る きのこ探索図鑑



山の便り、大地の恵み (野原森夫)
http://trace.kinokoyama.net/