ウスムラサキシメジ    

担子菌亜門 真正担子菌綱 ハラタケ目 キシメジ科 ムラサキシメジ属
薄紫占地  中毒例の報告あり




8月下旬  札幌市郊外 

 傘もひだも柄も、全身が淡い薄紫色を帯びたきのこです。傘の中央にうっすらと茶色の 色合いが見られるものもあります。
 柄ははっきりした繊維状です。
 まんじゅう型で生え出し、傘の縁が内側にまいた状態で開くのは、ムラサキジメジと同じ。
 写真のものは、菌輪をつくっていました。



8月下旬  札幌市郊外  



 

///////////////////////////////////////////////////////////



◆仲間
 ムラサキシメジコムラサキシメジ
 
◆探索記録・フィールドガイド 
  
          



菌界に分け入る きのこ探索図鑑

 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/