ウスヒラタケ    

担子菌亜門 真正担子菌綱 ハラタケ目 ヒラタケ科 ヒラタケ属
薄平茸




雨飾山 9月末 

 梅雨どきから秋にかけて、ブナなどの広葉樹の幹や倒木に生えます。林の湿った場所 や、沢登りの際などに、倒木にたくさん生え出しているのに出会います。
 野生のヒラタケは厚さが1センチ前後になりますが、ウスヒラタケはひだの切れ目か ら光の明るさが感じとれるほど、ずっと薄めの傘をもっています。
 傘の大きさも、半分ほどしかありません。

 傘の色は、薄い灰色、あるいは薄い黄銅色。暗い灰色のウスヒラタケにも出会ったこ とがあります。
 柄はごく短く、ひだは垂生やや密で、白い場合がほとんどです。

 味は、ヒラタケのような濃いエキスとしっかりした噛み応えを感じることはできませ んが、出汁には柔らかなうまみと、さわやかな歯ざわりを楽しめます。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////



◆仲間  
 
◆探索記録・フィールドガイド 
  
          



菌界に分け入る きのこ探索図鑑

 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/