ウラベニホテイシメジ    

担子菌亜門 真正担子菌綱 ハラタケ目 イッポンシメジ科 イッポンシメジ属
 裏紅布袋占地




 10月中旬 山梨県・小菅村

 採集する人が少ない、認知度がやや低いきのこですが、 エリンギの歯触りとシイタケの旨味がミックスしたような、食用 きのこです。
 大型で傘の直径は12〜15センチ。傘も柄も、肉がしっかりつまって いて、重たいきのこです。柄はやや棍棒状になって、地中数センチまで達して おり、抜き取ると20センチ以上にもなります。根元ほど堅くしまっています。
 傘は、黄銅色、薄茶色、緑がかった灰色、灰色など変化があり、地色の表面 に銀の粉が光を反射しているような、独特の風合いがあります。指で押したよう な斑紋が現れるのも普通ですが、斑紋がないタイプもあります。
 ヒダはやや疎で、成熟すると肉色。
 柄は白色。タテの筋目が入っていて、細かく縦に繊維が裂ける性質があります。



 



 



柄はしっかり詰まっています。幼菌ではとくにしっかりと。 

///////////////////////////////////////////////////////////



◆似たきのこ  クサウラベニタケ(毒)
 
◆探索記録・フィールドガイド 
  奥多摩 2007年10月
          







山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/