ツキヨタケ    

担子菌亜門 真正担子菌綱 ハラタケ目 キシメジ科 ツキヨタケ属
月夜茸




長野県・雨飾山麓 9月末 

 月夜茸とは、風情のある魅惑的な名前ですが、夜に緑色に発光するところから、その 名がつきました。毒きのこで、食べると光が飛び交う幻覚に襲われることも、名前の由 来です。
 ブナの朽木、倒木にごく普通に群がって生えだします。
 傘は、腎臓型、あるいは半円形で、シイタケによく似ていますが、柄はシイタケより さらに短く、ヒラタケに近い形です。これらのきのこと間違えて、中毒事故がもっとも 多いきのこの一つです。
 傘の色は、てかてかと光沢がある赤茶色。毒々しいこの色を見慣れると、簡単に判別 できます。
 傘の直径は20センチにまでなりますが、幼菌はシイタケなどと区別がつかず、可愛ら しい姿。
 肉は白。
 成長すると、傘の根元、柄と傘の接合部の芯の部分に、黒いシミが生じます。けれど も、幼菌のときはシミがないので、確認は注意が必要です。



 



ツキヨタケの根元の黒いシミ 

///////////////////////////////////////////////////////////



◆仲間  
 
◆探索記録・フィールドガイド 
  判別法のウソ
          



菌界に分け入る きのこ探索図鑑

 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/