テングタケ    

担子菌亜門 真正担子菌綱 ハラタケ目 テングタケ科 テングタケ属
天狗茸
強い毒性  胃腸系・神経系



9月上旬  奥多摩

 傘の地の色は薄茶〜こげ茶色。
 傘の上に、白ないし薄茶の不規則な形状の破片をのせています。
 この破片は、ツボを破って伸び出したときに、傘に付着したものです。
 破片は、テングタケでは、しばしば豹柄のような不規則な模様となります。
 柄は、白〜薄茶色。つばも同色で、はっきり残ります。
 傘の周辺に放射状の溝線が見られます。



 



秋田県鳥海町のブナ林 2008年8月8日 

///////////////////////////////////////////////////////////



◆仲間
イボテングタケは、より大型。傘の表面に破片がいぼいぼの形状 で付着します。柄の基部のつぼが何重かの環状になります。
 テングタケダマシは、見かけはイボテングタケに似ているが、い ぼはより尖っていて、柄が白い。傘のふちに条線があります。
 

 
◆探索記録・フィールドガイド 
  鳥海山のブナ林のきのこ探索
          



菌界に分け入る きのこ探索図鑑

 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/