タマゴタケ    

担子菌亜門 真正担子菌綱 ハラタケ目 テングタケ科 テングタケ属
卵茸




上越・朝日岳のナルミズ沢で 2004年8月7日 

 地面の下にほとんど隠れている幼菌のときは、姿が鶏卵そ っくりで、しかも2つに割るとゆで卵のような姿を現します。そこ でタマゴタケという明解な名前がつきました。
 卵の白身の部分は、幼菌の厚い皮です。黄身の部分は、黄 色い柄の部分と、それと傘の赤い表皮の部分です。

 幼菌から傘が伸びだしてくるときは、白身の表面が2つに裂 けて、濃い赤みを帯びた傘が黄身のようにまん丸型のまま、顔 をのぞかせてきます。内部から伸び上がる柄に支えられ、1時 間で5ミリほどのスピードで、伸びてきます。

 傘は直径8〜15センチ、光沢のある赤色ないし赤黄色。柄 は、卵の黄身の色で、薄茶色の波うち模様が入ります。
 タマゴタケには近縁種、似た仲間に致死性の猛毒きのこが あります。テングタケ科のきのこは怖いので、最初は必ず経験者 に判別してもらいましょう。



八ヶ岳で 頭を白い壺から出しかけたところを採集されたのに、
2時間ほどでこんなに伸びだしてきました。大きめの固体  1995年8月下旬 




 

///////////////////////////////////////////////////////////



◆仲間  
 
◆探索記録・フィールドガイド 
  大好きなきのこ――タマゴタケ
          



菌界に分け入る きのこ探索図鑑

 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/