シイタケ    

担子菌亜門 真正担子菌綱 ハラタケ目 ヒラタケ科 マツオウジ属
椎茸




奥多摩 9月上旬 

 お馴染みのきのこ。広葉樹の倒木などから生え出します。自然のものは、茶褐 色の傘の色が濃く、黒味を帯びることがしばしばで、直径20センチほどに成長 したものも、普通に見られます。
 ひと目でシイタケと実感できない場合もあります。
 20個(枚)も採れば、ザックがずっしり重たくなります。
 ひだは、白。柄はがっちり締まり、強靭です。



奥多摩 4月下旬 



山梨県道志村 4月下旬 



 

///////////////////////////////////////////////////////////



◆仲間
   
◆探索記録・フィールドガイド 
  
 道志村のシイタケ
  奥多摩 花とシイタケ
          



菌界に分け入る きのこ探索図鑑

 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/