ショウゲンジ    

担子菌亜門 真正担子菌綱 ハラタケ目 フウセンタケ科 ショウゲンジ属




富士山  10月上旬 

 名前の由来は、このきのこを好んだお坊さんが「ショウゲン寺」の住職だったから、 といういい伝えがあります。傘が開きかけの姿が似ているため「虚無僧茸」(コムソウ )という愛称も広く通っています。
 傘は黄土色ないし明るい茶色。直径7〜12センチ。
 ひだは、やや疎。傘の色よりも薄い。
 柄は、白、あるいはごく淡い茶色。脱落しやすい、やや肉色がかったつばがあります。

 赤松林や雑木林の地上に生えます。マツタケが生えなくなった古い赤松林に出てくる ために、赤松の林の遷移の様子を示すきのことも言われます。
 山岳地帯では、栂などの針葉樹林の苔むした地面から生え出します。

 味にはコクはありませんが、しゃきしゃきした歯ごたえ、よく出しを吸うきのこなの で、鍋物、すき焼きなど、さまざまな料理に生かすことができる、雑きのこの代表種で もあります。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////



◆仲間  
 
◆探索記録・フィールドガイド 
  富士山のショウゲンジと料理
          



菌界に分け入る きのこ探索図鑑

 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/