サクラシメジ    

担子菌亜門 真正担子菌綱 ハラタケ目 ヌメリガサ科 ヌメリガサ属
 桜占地




山梨県・瑞牆山  9月下旬 

 白い下地に赤ワインを思わせる紅色〜暗紅色の不規則なシミがのった、色 合いに特徴のあるきのこです。ブナ科の広葉樹林や、赤松まじりの雑木林 に、大きな菌輪を描いて生え出します。私の印象では赤松と相性がいいようです。
 傘は丸山型で、やや粘性があります。
 ひだは、垂生、疎で、白か淡いクリーム色。ここにも傘と同じくシミが出 ます。
 柄は中実。

 やや苦味があり、ゆでこぼして食用にされます。塩漬け保存も一般的です。
 加熱あるいは漬け込むと、美しい色合いが薄茶色あるいは黄土色に変わりま す。味もあまりなく、その分、汁の味によくなじみます。土産物のきのこ漬け などによく使われるのは、味をよく吸い、くせがなく、大量に収穫できるか らでしょう。



 

///////////////////////////////////////////////////////////



◆仲間  
 
◆探索記録・フィールドガイド 
  瑞牆山
          



菌界に分け入る きのこ探索図鑑

 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/