キツネノカラカサ   

綿唐傘茸
担子菌亜門 真正担子菌綱 ハラタケ目 ハラタケ科 キツネノカラカサ属

注意。この属には猛毒アマトキシン類をふくむきのこあり




9月中旬 奥利根

 ハラタケ科のキツネノカラカサ属の、キツネノカラカサと、ワタカラカサタケとは、 よく似ていますが、キツネノカラカサは、傘の中心部が褐色で、周囲には同じ色の鱗片をまぶしたような 色合いをしています。
 柄も、ワタカラカサダケでは、綿毛状、あるいはササクレと見まごう綿屑をいっぱいつけている のにたいして、キツネノカラカサの柄は、すべすべ感とツヤがあります。

 似た仲間に、ドクキツネノカラカサタケ(致死性)、クリイロカラカサタケ(毒)があります。

 


 



 

///////////////////////////////////////////////////////////



◆仲間、似たきのこ
 ワタカラカサタケ、ドクキツネノカラカサタケ(致死性)、クリイロカラカサタケ(毒)
 
◆探索記録・フィールドガイド 
  
          



菌界に分け入る きのこ探索図鑑

 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/