ホコリタケ    

担子菌亜門 真正担子菌綱 腹菌亜綱 ホコリタケ目 ホコリタケ科 ホコリタケ属
埃茸




 

 成熟すると丸い表面の一部に直径3ミリ弱の穴があいて、内部にいっぱいつまった胞 子を埃のように噴き出します。英名はpuffball。
 生長しかけは薄茶色で、より色が濃いトゲ状の突起に覆われています。育つにつれ、 トゲは一部が脱落し、色も全体に濃くなっていきます。
 内部は、幼菌のときは、真っ白なマシュマロのよう。それが成熟すると濃い茶色の固 まりが出来、それが細かい埃状の胞子となって、まき散らされることになります。  別名は、キツネノチャブクロ(狐の茶袋) 。
 内部が真っ白の幼菌は二つ割にするなどして、汁の具などになりますが、ほとんど味 はなく、おいしいというほどではありません。でも、「だんご三兄弟」式に串刺しにし て、醤油ダレをつけて焼くと、子どもたちは喜びます。



 



 



9月上旬  奥多摩
胞子を飛ばす前なのに、こんなに黒い個体がありました。
表面も平滑。別種があるのかなと思います。 


///////////////////////////////////////////////////////////



◆仲間  キホコリタケヒメホコリタケチビホコリタケ(タヌキノチャブクロ)
 
◆探索記録・フィールドガイド 
  
          



菌界に分け入る きのこ探索図鑑

 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http:/trace.kinokoyama.net/