ヒラタケ    

担子菌亜門 真正担子菌綱 ハラタケ目 キシメジ科 ヒラタケ属
平茸




 

 きのこ狩りの体験がまだの方や、まだ野生のヒラタケに出会えていない人に とっては、いままで何度も人工栽培のヒラタケを食べてきたのに、本物の姿、色 は思いも及ばないきのこの一つです。
 傘は耳型、あるいはへら型で、直径8センチほどに育ち、肉厚。身はしまり、 濃い深みのあるエキスがたっぷり出てくる、秀逸な味のきのこです。
 広葉樹、とくにブナ、ミズナラの、あまり不朽が進んでいない倒木、朽木か ら生え出してきます。
 10月後半から春先にかけての、きのこです。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////



◆仲間  ウスヒラタケ
 
◆探索記録・フィールドガイド 
  大好きなきのこ――ヒラタケ
          



菌界に分け入る きのこ探索図鑑

 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/