ハナイグチ    

担子菌亜門 真正担子菌綱 ハラタケ目 イグチ科 ヌメリイグチ属
花猪口




富士山 

 カラ松の林床、ふかふかする落ち葉のクッションから生え出してきます。
 傘は明るい茶色、赤みがある茶色や、黄色味を帯びた茶色など変化が あります。表面に著しいぬめりがあり、光沢があり、よく目立ちます。
 傘の裏面の、胞子がつくられる管孔は鮮やかな明るい黄色。
 花猪口の名前が付けられた所以です。
 柄にもぬめりがあり、内部は中実で、これも鮮やかな黄色です。つばが濃い茶 色になって残ります。

 私の体験では、ハナイグチをきのこ狩りの対象にし、好んで食べてきたの は、北海道と信州です。どちらもカラ松が広く植林されてきた地域です。
 東北や北関東では、それほど好まれませんし、きのこ狩りの対象にしなかった りしてきました。
 北海道では、落葉松(カラ松)の林のこのきのこを、「ラクヨウ」と呼び、 信州では「ジコボウ」「リコボウ」などと呼んできました。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////



◆仲間  
 
◆探索記録・フィールドガイド 
  大好きなきのこ――ハナイグチ
  奥利根の森 ハナイグチとナラタケと山ブドウ   2009年9月
          



菌界に分け入る きのこ探索図鑑

 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/