エノキタケ(エノキダケ)    

担子菌亜門 真正担子菌綱 ハラタケ目 キシメジ科 エノキタケ属
榎茸




10月中旬 奥秩父 

 ほとんどのきのこが姿を消した晩秋から春にかけて、広葉樹のまだ あまり腐朽がすすんでいない立ち木や倒木などから、生え出してきます。
 傘は光沢のある茶色で、ぬめりがあります。
 ひだは、上生し、やや疎ら。ごく薄い茶色です。
 柄にはビロード状の細かい毛が密生しています。
 人工栽培されているエノキタケは、真っ白です。これは、光をさえ ぎって、オガクズで栽培したもの。最近は「柿木茸」などという商品名 で、光を当てて育て、傘が茶色のものも出回ってきましたが、柄がもやし のようにひょろひょろして長いのは、同じです。
 野生のエノキタケは、姿も味も、個性があります。



武尊山 10月末 



雲取山 5月初旬 

///////////////////////////////////////////////////////////



◆仲間  
 
◆探索記録・フィールドガイド 
  
          



菌界に分け入る きのこ探索図鑑

 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/