ドクツルタケ    

担子菌亜門 真正担子菌綱 ハラタケ目 テングタケ科
毒弦茸 毒(致死性)




 



9月中旬  奥利根
柄によく目立つ模様をしたササクレがあり、これが目印です。
傘が開きかけの、若い菌です 


 広葉樹、針葉樹を問わずに、夏から秋にかけて、地上から生え出します。
 全身真っ白の、最強の猛毒きのこ。これほどどぎつい色、姿なのに中毒して死亡する 人が出ているのは、真っ白なきのこにも何種類か、食べられるものがあるため、誤認さ れてしまったり、見過ごされて料理されたりするためでしょう。
 国内では、シロオオハラタケ(食)や、シロマツタケモドキ(食)と誤認されたケー スがあり、ヨーロッパではハラタケの仲間の野生の白いマッシュルームと誤認されて死 にいたる事例が起こっています。

 ドクツルタケは、地表近くに袋状のつぼをもち、傘の表面は平滑です。湿ったときに は、やや粘性があります。
 ひだは、離生し、やや密。
 柄は、表面にささくれ状の模様が見られ、内部は中実。柔らかく垂れ下がる、つばが あります。
 柄にささくれのない真っ白のきのこに、シロタマゴテングタケがありますが、これも 猛毒です。



幼菌 山梨県小菅村 10月初旬 

 つぼがある、テングタケ科のきのこには、経験者が同行しない場合は、見るだけにし たいものです。とくに、子どもさんにはしっかり注意してあげてください。ドクツルタ ケ1本で牛をも殺す強い毒性があると言われます。経験者がたまにおこなう生の味見も 、初心者がまねてやみくもにやると、相手のきのこの種類によっては危険性をともなう ため、知識なしでは絶対やってはいけないと注意すべきです。

 ドクツルタケのように、わずかな断片(かけら)を口に入れるだけでも危険な毒きのこがあるこ とを考えると、きのこ狩りの際に、名前を確認せずに何種類ものきのこを入れて、後で 判別して除く方法では、かけらが紛れ込む恐れもあります。
 採集の段階から、不明な種は分けて携行するなど、万全な対応を考えておく 必要があります。

///////////////////////////////////////////////////////////



◆似た仲間
 シロオオハラタケ(食)、シロマツタケモドキ(食)、シロタマゴテングタケ(猛毒)
 
◆探索記録・フィールドガイド 
  
          



菌界に分け入る きのこ探索図鑑


http://trace.kinokoyama.net

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫