ネコヤナギ      猫柳   

 ヤナギ科 ヤナギ属 落葉低木 


 3月中旬 東京都内

 冬芽は茶色の光沢があるカバー(芽鱗)で覆われています。
 春が近づくと、そのカバーがくるりと外れて、白い絹毛に被われる花芽が現われます。
 いかにも温かそうなこの白い毛を、猫の尾っぽに見立てて、ネコヤナギの名前がつけられました。
 ネコヤナギは、開花がまたドラマチックです。
 白い綿毛の下から、紅色の葯(花粉の袋)を周囲に行儀よく突き出すように、雄花が開花し、次いで葯から黄色の花粉を出します。
 川面に映える色鮮やかな春のドラマ。
 初夏には綿毛につつまれた種子を風に乗せて放ちます。



*分布      北海道〜九州。
*花期      3月から4月
*仲間      
*関連ページ    北国の植物と生活1 ネコヤナギは咲いて北を示す




 別名 狗尾柳(えのころやなぎ)
 川岸ぎりぎりに育つネコヤナギ。その樹液にはカブトムシ、コガネムシ、スズメバチなどが群がります。    

      

 5月初旬  奥利根   
      

    
      






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫