ミツマタ    


ジンチョウゲ科 ミツマタ属 三叉
帰化植物(室町末期、中国から)



ミツマタの蕾 3月上旬 高尾・森林科学園 

 日本の紙幣の原料の木です。皮を剥いで、皮の裏側の肉質の部分を削ぎ、さらに 表皮を削ぎ、残った繊維を細く裂きます。これを蒸したり、水にさらしたりして、白 くなった繊維を繊維をとりだし、丈夫な和紙を漉きます。

 ミツマタの名は、枝が同じ位置で三本ずつに枝分かれするところから付けられま した。
 早春の3月に、明るい黄色の鮮やかな花を咲かせます。  花びらは見られず、ガクが花の形をつくります。



ミツマタの蕾 3月上旬 高尾・森林科学園 



ミツマタの花 3月中旬 東京・五日市 



ミツマタの花 3月中旬 東京・五日市 



同上 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/