ウメバチソウ     

ユキノシタ科 ウメバチソウ属  梅鉢草  




 

 妙高山の登りの沢筋に、ウメバチソウが咲いていました。8月下旬のことで、ウメバチソウは 夏から秋にかけて開花する花です。
 丸みを感じる姿がよく、花びらの白い色も純度が高い白色で、素朴な美しい娘さんに出会った ような思いでした。

 花びらは5枚。花の姿が、家紋の梅鉢に似ているために、この名がついたとのこと。



 



 

 顔を近づけてみると、ウメバチソウの花のつくりは、なかなかおもしろい。
 真ん中に白く丸みをおびた円錐型の雌しべがあります。この雌しべには割れ目があります。
 雌しべにくっつくように包んで、白い雄しべがあり、花が開くにつれて雄しべは茎が伸びてい きます。
 そのさらに外側に、黄色っぽい仮雄しべがあります。仮雄しべは、食虫植物(たとえばモウ センゴケ)の葉のように、粘液でもついているかのような姿をしています。

 ウメバチソウには、ハート型の根生葉があり、これ には長い柄があります。これとは別に、柄のない葉が1枚あり、茎を抱いています。

 サンカヨウ、ツバメオモト、ウメバチソウは、私が好きな白花3種です。



 



 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/