タマアジサイ     

ユキノシタ科  アジサイ属   玉紫陽花  




 

 山に咲くアジサイの花の時期が一段落した7月下旬ごろから、花を開き だすアジサイです。
 開花が始まると、山の斜面にタマアジサイが群生していたことに初めて気 がつき、春から初夏まで、じっと葉を茂らせて、つぼみを膨らませて、とき を待っていたこの花をほめてあげたくなります。

 花の総苞は、まん丸の玉のよう。色は白く、ややクリーム色を帯びていま す。この玉のような総苞が割れて、アジサイの花が姿を現す様子は、とても 不思議です。
 よく見ると、このまん丸の玉は一気に分裂するのではなく、ユリの球根に 割れ目が入ったように、まず外周近くからざっくり浅い部分に割れ目が広が り、柔らかい青紫色の花(集合花)のつぼみが姿をあらわします。次いで、 まん丸だった玉の真ん中近くにも、割れ目が入り、ここにも集合花が開き始 めます。こうして、周囲を白い装飾花で囲まれたアジサイの花が姿を現しま す。

 このころには、つぼみの全体を包んでいた球形の総苞のそれぞれの断片 は、葉の上に落下したり、花の下にぶら下がったりして、役目を終えます。

 私は、山のアジサイの花を今年初めて、春から真夏まで観察してきまし た。
 いろいろなアジサイを見てきましたが、そのなかでは、コアジサイと、こ のタマアジサイとが、好きになりました。



 



 



 



 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/