クロクモソウ    黒雲草 


 ユキノシタ科 ユキノシタ属   


 ***** 北アルプス 蓮華温泉  8月中旬 *****

 直径8ミリ以下の小さな、暗い赤褐色 の花をつけます。葉は、円形で丸みのある波型の縁取り。ユキノシタを思わせる形ですが、ユキノシタのような 粗い毛や葉脈の模様はなく、葉も地味です。
 花弁と萼片は5枚ずつ。雄しべは10本。
 山地の沢沿いのガレ場などに生えます。
 黒雲草の名前の由来は、なんでしょう? 白い花を咲かせる別の種類に対比して、 この花を黒雲と呼んだのでしょうか?
 でも、クロクモソウの花をクローズアップで見ると、色合いも姿も気をひかれる 、見ごたえがある姿をしています。




*分布      近畿以北の本州、四国、九州
*花期      7月〜8月
*仲間      エゾクロクモソウは、本州北部と北海道に分布。緑色の花を咲かせるタイプがある。
*関連ページ 



      






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫