ハナネコノメ   

    


ユキノシタ科ネコノメソウ属 花猫の目




2005年4月3日撮影 秩父市荒川 

 春に野の花を見に散策に出かけるフィールドの一つに、秩父・荒川村があり ます。いまは合併で秩父市に編入されました。
 そこの「あらかわビジター・センター」をのぞいてみたら、指導員の若い男 性に、ハナネコノメという花について教えてもらいました。

 運よく出会えました。
 沢の中洲の、洪水のときにはすぐに水を被るような湿った場所に、咲いてい ました。
 不思議な姿をした、あいらしい花でした。こういう忘れにくい特徴のある花 は好みです。

 ハナネコノメは、背丈が5,6センチの小さな植物です。花の直径は5ミリあ るかないか。
 花の外に、おしべが長くはみ出してくるのが、ハナネコノメ。  おしべがほとんどはみ出さないのが、シロバナネコノメで、こちらは茎がや や毛深い。

 ハナネコノメの白い花びらと思える部分は、ガクです。おしべは、葯。先っぽ の赤い色は、古くなると黒っぽくなります。

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 シロバナネコノメ、ネコノメソウ、ヤマネコノメソウ、ヨゴレネコノメ
◆名前の由来 ネコノメソウに実が集まった形が猫の目のようだから。
               



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/