ヤマウコギ     


ウコギ科 ウコギ属  山五加 




 

 福島県で育った私にとって、ウコギは、5月になればご飯に炊き込んで食べ て育ってきた、馴染み深い木の芽です。独特の芳香があり、ざっとゆがいて、振 り塩をして刻み、熱いご飯にのせて食べるのも、おいしいものです。
 ヤマウゴキは、生垣などに植えられる園芸種のヒメウコギにくらべて、一回 り大きな野生種です。標高が低い山の、日当たりのよい場所で出会います。
 奥多摩の沢に写真の撮影をかねて沢登りに行ったとき、日差しが沢床を明るく 照らす一帯に、元気に若芽を伸ばすヤマウコギを見つけました。
 ヤマウコギは、背丈が2、3メートルになります。長くしなってたくさんの芽 をつける枝には、大きな棘があります。
 葉は、手のひら状の複葉で、小葉は5枚。葉柄は5センチ前後で、若芽のとき はこの柄も柔らかい。
 9月になると黒い果実が見られます。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
  ウコギご飯
        





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/