コシアブラ 

    ウコギ科  漉し油  別名・ゴンゼツ




八ヶ岳山麓  2002年5月4日 

 姿が美しい木の芽です。
 タラの木と同じウコギ科ですが、背丈は20メートル前後になります。



 

 コシアブラの名前の由来は、秋に明るく黄色に染まった葉を見れば、納得が いきます。油を漉すのに使った紙の色そのままです。
 コシアブラはブナなど広葉樹の下生えとして育つことが多く、夕暮れの暗い樹林で、 そこだけ明るい黄葉に出会うときなど、たいへん印象的な光景です。
 コシアブラにはゴンゼツの別名があります。ゴンゼツは、金漆のこと。樹液とウルシ と同じ用途に使ったといいます。この技術は、930年代(承平年間)の「和名抄」に 出ているという資料もあります。しかし、伝承はとうに絶えていて、金漆の製法などは つきとめられていません。



上越の稜線で  2002年5月30日 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 ハリギリ、タラ、ウコギ
         ◆関連ページ 
 八ヶ岳山麓のコシアブラ(2002年5月)
 残雪の尾瀬、コシアブラ・ミステリー(2003年5月)
 桧枝岐のハリギリとコシアブラ(2004年5月)
 コシアブラの黄葉の印象は、常念岳登山記奥利根きのこ探索記




       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/