キツリフネ     

ツリフネソウ科 ツリフネソウ属  黄釣船  




 

 湿った山道の脇などに生えています。黄色のはっきりした色合いの花が群生す るので、曇り空の下などで出会うと、林が明るい感じにかわります。
 赤い花弁のツリフネソウは、花弁のお尻の部分(距)が、渦巻き状。このキツ リフネの方は、距は、少し突き出ている程度です。
 花が終わったあとにできる果実は、細い小さなバナナのような姿をしていま す。長さは2センチ余り、直径1ミリ余と細い。
 この実は、まだ緑色が残るうちに、中の種子が育ってパキパキに表皮がつっぱって います。
 その表皮のどこか一部に指先でそっと触っただけで、実の表皮は「チッ!」とい う音を立てて、くるりと一気に剥け、種子を勢いよく周囲に飛び散らせます。二男 と北岳に登ったときに、これをやって見せたのですが、「パチッ!」というくらい に一気にはじけて自分がびっくりしてしまい、おもわず手をひっこめました。
 おもしろい種子の散布方法です。



 



 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
  ツリフネソウ
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/